サイクリングで意外と使える!?自転車専用じゃない8つの便利グッズ

サイクリングで意外と使える!?自転車専用じゃない8つの便利グッズ


長距離サイクリングで便利に使える道具は、自転車専用グッズやアウトドアグッズだけ」と思っていませんか?実はそうではなく、自転車専用ではないのに、長距離サイクリングに持っていくと便利なグッズがあるんです。今回はそんなグッズを8つ、紹介していきます。

汗ふきや応急処置に使える手ぬぐい

RIMG0113
汗を拭くのに使える手ぬぐいは、タオルよりもかさばりませんし、すぐに乾くので、長距離サイクリングにぴったりです。また、速乾性が高いスポーツ専用のタオルよりも安価で手に入れやすい傾向もあります。また、さほど力がなくても、手で破りやすいので、万が一けがをしたときに、清潔な手ぬぐいであれば、止血に使ったり、包帯や骨折したところを固定する布の代わりにすることもできて便利です。汗ふき用とトラブル用に2枚あると良いでしょう。

ヘッドランプでより明るく作業が楽に

Tritón
自転車にライトを付けるだけではなく、ヘルメットに取り付けられるヘッドランプを装着しておけば、暗い場所でも明るくより安全に走ることができます。また、ヘッドランプを付けておけば、明かりを持つために手がふさがることがありません。そのため、パンクやチェーントラブルなど、万が一自転車に不調が発生したときにも、手元を明るく照らすことができ、暗い場所でも両手を使って作業ができるので便利です。ただし、重いものだとサイクリング中に首が痛くなることがあるので注意が必要です。

ライトも充電できるモバイルバッテリー

FIX Cell Monster Battery
出先でスマホの充電が切れた際に、持っていると重宝するモバイルバッテリー。実はこれ、種類によってはUSBでコードをつなげて充電するタイプのライトの充電にも使えるんです。そのため、これを持っていれば、スマホの充電ができるだけではなく、予想以上に早く日が暮れてライトのバッテリーを使いきってしまった時や、ライトの充電を忘れていたときなどにも役に立つでしょう。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz