自転車に乗るとお尻が痛くなる理由と対策

自転車に乗るとお尻が痛くなる理由と対策


初めてスポーツ自転車に乗ったときの「お尻が痛い」という問題。多くの人が経験しているのではないでしょうか。もちろん、慣れてくれば改善されることもありますが、楽しいはずの自転車ライフが憂鬱になるのは残念です。お尻が痛いという理由で、自転車に乗ることをやめてしまうのは、とてももったいないことです。
まずは、お尻が痛くなる原因を知って、すぐにでもできるお尻の痛み対策をしていきましょう。

お尻が痛くなる理由

スポーツ用の自転車は、ママチャリなどのシティサイクルに比べると、クッションが少なく、ほとんどが硬いタイプです。街乗りとして売り出されている一部のモデルには柔らかいサドルも見かけますが、クロスバイクロードバイクにはじめからついているサドルは硬いものが多いですね。
クッションが少ないために痛いと思われている人が大半ですが、硬いだけが痛い原因ではありません。逆に、サドルが硬い方が、骨盤を安定させてペダルにダイレクトに力を伝えるためには、よいと言われているのです。
お尻が痛くなる理由として、いくつか原因があるので、それぞれ見てみましょう。

サドルが合っていない

スポーツ用自転車のサドルには、色々な形状があります。真ん中が隆起していたり、中央に溝があったりと、同じ人が乗っても体重のかかる場所も変わってきます。できれば試してみるのがベストですが、サドルを試乗できる機会は多くありません。試すために購入するのはもったいないので、サドルの交換は最終手段として残しておきましょう。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz