他のクロスバイクに差をつけろ!おすすめバーエンドを一挙紹介

他のクロスバイクに差をつけろ!おすすめバーエンドを一挙紹介


そろそろクロスバイクのカスタマイズをしてみたいけれど、何から手を付けたらいいかわからない…という悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?そんなあなたに、「バーエンドの取り付け」についてご紹介します。バーエンドを取り付けて、周りのクロスバイクと差をつけましょう!

そもそも「バーエンド」ってなに?

バーエンドとは、正式には「バーエンドバー」という部品の略称です。その名の通り、ハンドルバーのエンド(端)に取り付けるため、「バーエンド」バーと呼ばれています。

GIOS bar-end
何故バーエンドを取り付けるのでしょうか?クロスバイクのハンドルは基本的にストレート形状の物が多く、持ち方が一つしかできません。そのため、ドロップ・ブルホーン形状の物と比べ負担が大きいのがデメリットです。しかし、バーエンドを取り付けて持ち方が増えることにより、ストレート形状のハンドルでも腕の疲労を抑えることができるのです!長距離サイクリング等をすると、違いを簡単に実感できます。

おすすめのエンドバーは...

Barend
エンドバーの形状にはさまざまな種類があり、一概にどれが「一番良い」という物はありません。人の手の形状や感性が大きく関わってくるパーツでもあるため、実際に試してみないと自分に合った形状を見極めることは非常に難しいです。そこで、今回は「種類が多すぎて絞り込めない!」という方のために、バーエンドの形状で比較的主流の物を三種類ほどピックアップして紹介していきます。購入の参考にしていただければ幸いです。

ベーシックなブルホーンタイプ

ブルホーン形状のバーエンドは最も主流と言える形状です。最近では完成車に最初から付いているという事も多いため、見たことがある人は多いと思います。他の形状と比べて安価な製品も多く、素材もアルミで頑丈なためコストパフォーマンスに優れた種類と言えるでしょう。注意する点として、人によっては手に合わない場合もあるため、事前に実物をチェックしてから購入する事をお勧めします。

変わり種!?エルゴノミックタイプ

人間工学に基づいて制作されているエルゴノミック形状の物は非常に快適なため、万人にオススメできる形状です。ゴムなどの素材を使用している製品も多く、振動を軽減してくれるため疲れを感じることは非常に少ないです。注意する点として、その素材故に劣化が少々早いという点です。また、車体を倒してしまった時などに衝撃で折れてしまう事もあるため、取り扱いには少々注意が必要です。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年4月3日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz