ビンディングをつければロードバイクはもっと快適に走れる!

ビンディングをつければロードバイクはもっと快適に走れる!


おしゃれは足元から」とよく言いますよね。おしゃれに自転車に乗るためにも、足元にこだわりたいものです。そこで、かっこいいビンディングシューズを履いてみるのはいかがでしょうか?ビンディングシューズには快適に走るための工夫がいっぱいあります。そして、おしゃれなビンディングシューズも出てきています。今回は快適に走るための、おしゃれなビンディングを紹介します。

初心者からでも使って欲しいビンディングペダル

ビンディングというのはペダルと足を固定する仕組みのことです。特別なペダルと、クリートと呼ばれる金具がついた靴を使用する方法が一般的です。オールドタイプのロードバイクだと、トゥクリップといって、つま先をヒモでペダルに固定する方法のペダルが付いていることもあります。足を固定するというとちょっと怖い気もしますが、実はメリットがいっぱいあって、初心者のうちから使うことをおすすめします。では、どんなメリットがありデメリットがあるのか解説していきます。

ビンディングのメリット

ビンディングつまり、足とペダルが固定されていることの最大のメリットは、引き足が使えるということです。どういうことかというと、普段自転車をこぐときは足でペダルを押していますよね?そして、ペダルが一番下まで来たら、力を抜いて、逆側の足に力を入れてペダルを踏みます。しかし、ビンディングだと、ペダルを一番下の位置から、一番上の位置まで足で引き上げることができるのです。そうすることで、足を効率よく回転させて使えますし、ハムストリングスという大きな筋肉を使うので疲れにくいので、長い距離乗ることができます。

デメリットもある?

ビンディングのデメリットを挙げるとすれば、靴が問題ということでしょう。靴底に金具がついていますので、歩きづらいです。また、自転車で通勤する方もいると思いますが、ビンディングシューズは自転車専用の靴ですので、ビジネスなどには向かないデザインです。内勤で靴を履き替えるならいいのですが、そうでないならビジネス用の靴を持ち歩かなくてはなりません。そのほか、ビンディングに慣れないと信号などで停車した際に、ビンディングを外し忘れて転ぶ、「立ちごけ」という恥ずかしい目に合う事が多いということもあるでしょう。

ビンディングのデメリットであるビンディングシューズですが、最近はさまざまなビンディングシューズが開発されており、デメリット感も少なくなっています。金具を小さくして、ゴムカバーをつけることで違和感なく歩くことができたり、写真にあるようにカジュアルなデザインのシューズもでてきています。女性用としてハイヒールにクリート金具が付いているものもあるようです。ここまで来ると、ビンディングのデメリットはほとんど無いと行ってもいいでしょう。

おすすめのビンディングはどれですか?

自転車のビンディングといっても、ロード用のビンディングにMTB用のビンディングと種類があります。もちろん、MTB用のビンディングでもロードバイクに装着できます。自分の用途に合わせて、レベルに合わせてビンディングを選ぶと良いでしょう。ここでは、おすすめのビンディングを2つご紹介します。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年4月4日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz