自転車ブレーキの種類を確認してメンテナンス!安全運転を心がけよう

自転車ブレーキの種類を確認してメンテナンス!安全運転を心がけよう


きっと自転車での安全運転はみなさん心がけていると思います。では、安全運転するための自転車整備はしていますか?中には買った時のままという人もいるのではないでしょうか?安全に自転車にのるためには定期的なメンテナンスが必要です。中でもブレーキは大切です。ブレーキの効きが甘くなっていませんか?自分の自転車のブレーキはどんなタイプなのか、ブレーキのメンテナンス方法についてもお伝えします。

ブレーキの構造ってどうなっているの?

ブレーキは大きく分けると、タイヤに当たる部分のブレーキシュー、ブレーキワイヤー、ブレーキシューが付いているアーム、握るレバーの4つの部品で出来ています。ディスクブレーキだと、さらにデスクという部品があります。安全にブレーキをかけて、止まるためには特に、ブレーキシューとブレーキワイヤーのメンテナンスが必要です。

キャリパーブレーキ

イメージとしては、逆U字型をしているのがキャリパーブレーキです。ホイールを親指と人差し指でつまむような構造でブレーキをかけます。ロードバイクのブレーキはほとんどがキャリパーブレーキです。強いブレーキを掛けるためには、強い力で握らないと行けないため、急停車には向かないブレーキですが、自転車のスピード調整などのコントロールしやすいという面では優れたブレーキです。

Vブレーキ

Vブレーキは、もともとMTB用のブレーキとしてシマノ“>Shimanoが開発しました。VブレーキはShimanoの商品名です。今では、MTBのほかにクロスバイクでもよく用いられています。少ない握力でも強力に止まります。また、クイックリリース機構がついているため、タイヤ交換時など、簡単にブレーキの隙間を広げることができ、タイヤが外しやすくなります。

ディスクブレーキ

ホイールの真ん中に、ディスクと呼ばれる薄い金属の円盤があり、その円盤をブレーキシューで挟むことでブレーキをかける仕組みが、ディスクブレーキです。ディスクとブレーキシューがタイヤの真ん中にあるので汚れにくく、泥や水滴などがつきにくいことから、オフロード車に使われています。の日にも自転車にのるのであれば、ディスクブレーキを検討してもよいかもしれません。ただ、メンテナンスが非常に難しいというデメリットがあります。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年4月4日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません