クロスバイクを長持ちさせたければ「空気圧チェック」とやらが必須?

クロスバイクを長持ちさせたければ「空気圧チェック」とやらが必須?


シティサイクルのタイヤがパンクする経験は、数年に一度程度のイメージでしょうか。それに比べクロスバイクはタイヤが細く空気圧が高いため、少しの段差でもパンクしやすいのが特徴です。メンテナンスの基本として、普段からクロスバイクの空気圧チェックを。

ここではクロスバイクでいつでも快適に走るために、タイヤの空気圧の管理法をご紹介します。

適正な空気圧は?

入れ過ぎも抜け過ぎもNG

クロスバイクのタイヤは「パンパンに空気が入っていればいい」というわけではありません。逆に空気圧が適正値より低い状態だと段差などでリム打ちし、パンクしやすくなります。

クロスバイクのタイヤには適した空気圧があり、一般に6〜8気圧が適正とされています。

シティサイクルの3気圧と比べるとそれだけタイヤが固く、走行中の抵抗も少ないということですね。クロスバイクの快適な走りの重要なポイントのひとつでもあります。

天候や乗り手の体重によっても変わる

空気圧の適正値は、天候によっても変わります。天は空気圧を低めにした方がタイヤと路面との接触が大きくなり、走りやすくなります。また、乗る人の体重によっても適正値は変わります。体重が重ければ空気圧を高め、軽ければ低めです。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年4月2日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz