TIMEは価格に見合う走りを実現!ロードバイクとしての話題と性能

TIMEは価格に見合う走りを実現!ロードバイクとしての話題と性能


TIMEの自転車について知りたいけどいまいち分からない。そんな方のために基礎知識から、ロードバイク向きとしての話題性、主に3クラスに分かれる値段設定についても詳しく紹介しています。これを読めばtimeがあなたの憧れの自転車の一つして加わるかもしれません。

TIME はフレーム専用の会社です

TIMEについて

TIMEは1987年に、理想のペダルを追求するためにフランスにて設立されました。RTM(レジントランスファーモールディング)工法という特殊フレーム製造技術を使っていることで有名です。RTM工法は従来のカーボンフレームとは違い、カーボンの原糸を編み物のように縫っていきチューブを作っています。またRTM工法は航空機の主翼やF1にも採用されています。

 

TIMEならではの技術

またTIMEのフレームにはアクティブ・フォーク・テクノロジーと言って金属製の振り子のようなものを内部に取り付けることで、振動を吸い込み剛性を失わせない作りをしています。そのために100%のペダリング効率を維持しながらも、走行に必要なパーツに伝わる振動の影響を軽減しています。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年10月5日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz