ロードバイクのカロリー消費はいかほどか。自転車で痩せる方法を学ぶ


自転車の中でも一番激しそうなのがロードバイク。そんなイメージはロードバイクに乗っていない人からすればあるあるの共通認識だと思います。今、日本では若年層を中心に、街乗りスタイルとしておしゃれに自転車に乗ることがブームとなりました。ですが、それ以上に熱い情熱を持って取り組んでいるのがロードバイカー達なのです。その目的は色々。例えば、レースに出場することを目的とすることもあれば、趣味の延長線上で走ることにハマったり、女性ではダイエットなどを目的にする場合もあります。今回はそのダイエットに注目です。
ロードバイクに乗る目的は色々。例えば、レースに出場することを目的とすることもあれば、趣味の延長線上で走ることにハマったり、女性ではダイエットなどを目的にする場合もあります。今回はそのダイエットに注目です。そもそも自転車でダイエットはできるのでしょうか?確かにロードバイクのような本格的な自転車に乗れば、運動もいつもに比べれば激しくなりそうです。今回はどのくらいの運動をしたらどのくらいの消費になるのかを少し勉強してみようと思います。

自転車はジョギングより痩せやすい

自転車でのダイエットが有名になったのには、実は理由があります。実はウォーキングやジョギングなどに比べ、消費カロリーが高いということ。もちろん、ハードワークのランニングと比べた場合の違いについてそこまで差が出るかというとそうでもありませんが、一般的なジョギングなどの比べ、痩せやすいという特徴があります。

カロリー消費で重要なのは筋肉の使い方

自転車とジョギングなどの違いはずばり筋肉の使い方です。ジョギングやランニング、ウォーキングもそうですが、よく膝が痛くなることがあります。よくサポーターなどをつけている人も見かけますね。この原因は何なのでしょうか。実は、この原因は走るときの状態に関係します。ジョギングなどは、基本的に全体重を足のみで支えているため、その負荷が多くかかっているということになります。そのため自転車のように長い距離を走ることが難しいのです。これは自転車には見られない傾向です。

筋肉を動かすことで美脚へつながる

自転車に乗るときの特徴は基本的に体重は、サドルハンドルにかけることのなります。自転車で移動する距離といえば、ランニングでは走れない距離を移動することができます。クロスバイクに乗り慣れている人であれば、一日20km以上の移動は思いのほか、簡単であるという認識を持っているでしょう。ランニングでの20kmといえば、運動経験者であったとしても抵抗感を感じてしまうような距離です。ロードバイクだと100km以上も容易な距離になってきます。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年3月27日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません