ロードバイク通勤の5つの悩み。自転車通勤あるある悩みの乗り越え方

ロードバイク通勤の5つの悩み。自転車通勤あるある悩みの乗り越え方


腕周りの汗対策にはアームカバーを使用

アームカバーは自転車通勤には非常に便利なアイテム。そもそも直接日光を浴びたときの紫外線対策などに役立つアイテムなのですが、じつはアームカバーは汗をかいた際にもすごく便利。汗を吸収し走行中の風を受けて空気中に放出にような流れができるため、汗をかいても涼しくなるような場合もあります。アイテムとして、見た目的にもかっこうわるいわけではないのでオススメアイテムです。

直接肌にふれるスーツのスラックスには

直接肌にふれてしまうスラックスもできれば対策を考えたいところ。自転車通勤で注意したいのは、サドルにふれるお尻部分はスラックスの生地がかなり傷んでしまうという点です。大事にしているスーツであればあるほど願わくば避けたいようなポイントですね。

まずスーツの痛みを気にするのであればスーツをはかずに会社で着替えると割り切ってしまいましょう。ランニングやジョギングなどに使われるアンダーウェアのスポーツタイツがオススメです。もしそれほど痛みが気にならないということであればスポーツタイツをスーツの下にきるのがオススメです。

自転車通勤の靴選びは漕ぎやすさが大事

ロードバイクなどの本格的な自転車はビンディングペダルという足を固定してペダルを回すシューズを使います。ただ、そうなると専用にシューズを持っていかなければいけないので荷物になります。見た目がスーツ用のシューズで、かつ扱いやすいものを選びましょう。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年3月16日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz