カメレオンテ1〜4ってどうなの? 特徴と選び方について

カメレオンテ1〜4ってどうなの? 特徴と選び方について


自転車メーカー「ビアンキ」のクロスバイクの代表格である「カメレオンテ」ですが、1・2・3・4とそれぞれモデルごとに特徴があるのです。カメレオンテ1から4の価格やスペックなどをまとめてみました。カメレオンテの購入を考えている人の参考になれば幸いです。

カメレオンテ1の特徴

価格とフレームについて

まず、カメレオンテ1の価格についてです。価格は68,000円となっています。フレームはというと、アルミ素材で作られています。名前は「カメレオンテ スポーツアルミ」だそうです。最も低いグレードのものなのですが、それでも素材はアルミということで、フレームに関しては申し分ないでしょう。価格と比べて考えると、十分です。

フォークというのは、フレームとフロントホイールをつないでいるものですが、5万円から7万円程度の自転車は鉄素材が一般的となっています。カメレオンテも鉄素材で作られており、価格のことを考えると、特別良いわけでも悪いわけでもありません。フォークでコストカットをはかっているということです。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年11月25日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。