ブリジストンモールトンは安い?高い?3分でわかる特徴とその輪行

ブリジストンモールトンは安い?高い?3分でわかる特徴とその輪行


ミニベロタイプの自転車として高い評価を得ている、ブリジストンモールトン。ミニベロというのは小径タイプの自転車のことを言いますが、ロードバイククロスバイクとはまた違った味があることで人気です。そんなブリジストンモールトンの価格や輪行方法などについてまとめてみました。

ミニベロでお馴染みBSMの概要と価格について

ブリジストンモールトンの概要と特徴

ブリジストンモールトンとは、1999年に誕生した自転車メーカーで、BSMと略称で呼ばれています。小径タイプの自転車の可能性について模索していた、ブリヂストンサイクル株式会社と、自転車研究をしていたモールトンが共同開発を行うことによって作られた自転車です。アルミ製のフレームと、小径17インチホイールであることが特徴となっています。

車体の価格

車体の価格は、最も安くシンプルなもので、17万円ほどとなっています。ただ、それは基本のものであり、スペックも最も低いものです。ロングツーリングにも使おうと思えば、あと3万円〜4万円程度プラスして21万円程度のモデルのものを買う必要があるでしょう。それでも他社のものと比べれば安いです。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年3月9日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。