クロスバイクをブルホーン化。サイクルライフを彩るおすすめカスタム

クロスバイクをブルホーン化。サイクルライフを彩るおすすめカスタム


小さい頃から慣れ親しんだ自転車。自転車の魅力はさまざまですが、いくつ年齢を重ねても関係なくクロスバイクロードバイクに手を出してしまうと、すっかりハマってしまうなんてことはよく聞きます。その中でもハマりすぎてついには改造してしまう人もいるくらい。今回はそんな人たちの改造の1つ「ブルホーン化」にフォーカスします。

カスタムできる所はさまざま。ブルホーン化とは

ロードバイクでは当たり前になっていますが、基本的にタイヤなどは付け替える前提のものになっています。競技用にも練習用だったりレース用だったりとスペックをシーンによって変えることが多いです。他にもハンドルだったりサドルだったりと自分の好みに変更できるポイントが自転車にはたくさんあります。その中の一つとして今回ご紹介するのが「ブルホーン」。
意味を訳すとブルホーン=雄牛(サイ、象) の角。実は、ブルホーン化とはハンドルをこの前に突き出すような形にカスタムすることのことを指します。一般的なシティサイクル、クロスバイク、マウンテンバイクはフラットハンドルといい、真っ直ぐ横に伸びているハンドルを使用します。また一般的なロードバイクはドロップハンドルといって、握るグリップ部分がハンドルの下部分に位置しています。普通の自転車にはあまりつけることのない特殊なハンドルなので、一味違った自転車にするということであれば中々面白いパーツです。

トライアスロンでは当たり前

トライアスロン競技ではこのタイプの自転車が当たり前。ブルホーンのハンドルで中心部分にも握れるグリップを装備したハンドルを使用します。このハンドルの形は腕に力を入れて引きつけの力を使うときに力が伝わりやすいというメリットがあります。また個人的な意見を含めるとハンドルが握りやすくなるというメリットも持ち合わせています。またブレーキレバーなどが握りやすい位置にあるということも魅力の一つです。

クロスバイクをブルホーン化する方法

シフトレバーやブレーキレバーなどハンドルに接触している部分のネジを緩めていきます。その後ステム部分を外してハンドルをフレームから取り外します。順番にレバーを外し、ブルホーンハンドルを持ってきて外したシフトレバーなどを取り付けます。各レバーをハンドルに付けたら元あった位置にハンドルの中心をもっていき、フレームに取り付け完了です。順番や向きなど気を付けなければいけない点が多くあるので気をつけましょう♪

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年3月9日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。