ライトウェイ社のシェファードを徹底解説。シティからアイアンまで

ライトウェイ社のシェファードを徹底解説。シティからアイアンまで


創業20年になるライトウェイ社は、もともとは米国のGT BICYCLESブランドのスポーツ自転車を輸入販売する会社としてスタートを切りました。その後、独立し、日本有数の自転車メーカーとなりました。環境保護等にも力を入れている会社で、リユース・リデュース・リサイクルの3Rに適うもの作りを目指しているとのことです。本記事では、そんな多くの日本人に愛される自転車をご紹介します。

シェファードシティは2016年も大人気!

高級塗料を使っているため、塗装が鮮やかで美しく輝いている自転車です。パールカラーで飽きない色なので、長く愛せる外見となっています。柔らかいサドルや反射するデカールなどにも気を使っており、一度乗った方の印象としては、「乗り心地がよく、レース用のロードバイクよりもとっても楽」とのことです。

詳しくはこちら

シェファードアイアンは耐久性の高さが売り

シェファードアイアンF(SHEPHERD IRON F)

シンプルで耐久性が高いことから、多くの方に長く愛されている自転車です。色展開も5色あり、どれもおしゃれな色使いなので気に入ること間違いなしです。スチールは軽量なため、漕ぎやすく、スピードもでて爽快な走り心地を味わえます。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年3月8日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。