アラヤの自転車が美しすぎる。2016年のおすすめとブランドの評判

アラヤの自転車が美しすぎる。2016年のおすすめとブランドの評判


アラヤは純日本製ののスポーツ自転車メーカーです。もともとは、「ツバメ自転車」として20世紀の初めから自転車製造業を行っていた、老舗中の老舗です。そのメーカーが作る自転車はとても美しく、独自の技術により製造しているため、他とは相異なるスマートさがある、とファンの間でも話題になっています。

日本の自転車の歴史=アラヤの歴史

歴史

今から約100年も前の話になりますが、1903年に石川県にて日本で初めての自転車用木製リムが製造されました。これを製造したのが、アラヤの初代社長である新家熊吉さんです。当時、自転車は海外からの輸入でしか手にいれることができず、輸入関税の高かった頃のため、どうしても高価なものとして見られていました。これを国内で大量生産しようとしたことがアラヤの始まりです。

「人と暮らしの幸せのために技術ができること、技術者ができること。その無限の可能性をアラヤは創業以来ずっと追求し続けています。」ーアラヤ経営理念より

日本の自転車業界を牽引する技術

アラヤは今まで、日本人の体格、日本の地形、そして日本人の感性に合ったスポーツ車を提案してきています。日本人に特化しているからこそ日本人にこよなく愛され、海外でも認められるような自転車を製造することができているのです。また、今後は独自性のある、乗っていて楽しい自転車を目指すことを目標としています。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年3月8日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。