距離やスタイル別に指南!通勤におすすめの自転車はこれだ!

距離やスタイル別に指南!通勤におすすめの自転車はこれだ!


近年、ラッシュでギュウギュウになる電車や、渋滞にはまってヒヤヒヤするクルマに替えて、自転車で通勤する人が増えています。今回は、これから自転車通勤したい方に向けて、距離やスタイル別のおすすめ自転車をご提案します。

5kmまでならシティサイクルが楽で快適

these boots were made for cycling
会社までの距離が5kmに満たない場合や、最寄り駅まで自転車で行ければよいという場合は、とくに新しい自転車を用意する必要はないでしょう。お手持ちの自転車で構いませんし、新たに買うにしても街の自転車屋さんや量販店などで販売されているシティサイクルで十分です。むしろシティサイクルは、泥よけや前カゴが標準装備されていることが多く、乗り心地にもすぐれており、近距離の通勤にはぴったり。服装も選びません。

シティサイクルでも「ちょっといいもの」を使いたい

短距離の通勤ならシティサイクルでも十分ですが、ひとつ気にかけていただきたいのが、毎日使うからこそ「ちょっといいもの」を選びたいということです。ディスカウントストアなどでいくらでも安い自転車が手に入る時代ですが、毎日使うからこそ、品質が確かなものを選びたいものです。安いものは「値段なりのもの」でしかありませんし、いい自転車は走りが軽く耐久性にもすぐれています。

10kmまでなら軽くてスポーティーなクロスバイクが最適

自転車で通勤する距離が5kmを超えてくると、一般的には「ちょっと遠いな」と思うようになることでしょう。距離が5km~10kmくらいであれば、スポーティーなクロスバイクがおすすめです。クロスバイクはロードバイクに代表されるスポーツ自転車の性能を、普段使いでも体感できるように設計されています。シティサイクルよりもずっと軽く、走行性能も高いので、毎日の通勤が楽しい時間に変わることでしょう。

クロスバイク通勤はカジュアルウェアに向く

View this post on Instagram

コバさん(@covaaaaan)がシェアした投稿 -

普段使いできるとはいえ、クロスバイクはスポーツを意識した自転車です。その性能を生かして走ると自然とスピードも運動強度も上がります。もし通勤距離が10kmであれば30分~40分程度の運動をすることになるので、服装はカジュアルだけど動きやすいものがおすすめ。速乾性のあるインナーウェアやストレッチ性のあるボトムスを着ましょう。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz