貧脚でもヒルクライムを楽める!上手に走るコツと便利グッズをご紹介

貧脚でもヒルクライムを楽める!上手に走るコツと便利グッズをご紹介


自分のロードバイクのギアを見直してみよう

Sprocket set
坂道でどうしてもペダルをこぐのが辛くなり「もう1段軽いギアがほしい」と思うこともあるかもしれません。そんなときは、自転車のギア比をチェックしましょう。
ロードバイクであれば、インナーギアの歯が36のものよりは、39のもののほうが「軽い」ギアです。リアのスプロケットは、もっとも大きい歯数は28や30、34などの種類があり、数字が大きいほうが「軽い」ギアです。ギアの交換も検討しましょう。

事前にコースをチェックして攻略法を考えよう

Half way looking at the road map
実際にヒルクライムにチャレンジする際は、個人的なサイクリングであっても大会であっても、コースを地図サイトなどでチェックしておきましょう。コースの高低差がわかる地図サイトやスマートフォンアプリなどもありますから、それを活用し、距離がどれくらいで、どのあたりがキツイのかといったことを、事前に知っておくのです。
実際にヒルクライムをしている際は、先の状況が頭に入っているだけでもだいぶ気分が楽になるものです。

マイペースで登るコツは「ケイデンス」と「心拍」

ヒルクライムをマイペースで楽しむと言っても、ビギナーサイクリストの皆さんは、そもそも何をもってマイペースとするのか、力の配分がわからないかもしれません。そこで活用したいのが、心拍やケイデンスがわかる、高機能なサイクルコンピューターです。自分の身体の状況を数値でしることによって、ヒルクライム中のペース配分に役立てましょう。

心拍計とケイデンスセンサーを活用しよう

近年はスピードや距離だけでなく、GPSを搭載して位置情報を活用したり、Bluetoothを経由して心拍やケイデンスの数値を知ることができる高機能なサイクルコンピューター(メーター)が豊富に発売されています。このようなサイクルコンピューターを使うと、ヒルクライム中のペース配分はもちろんのこと、家に帰ってから位置情報と照らし合わせながら振り返ることもできます。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

1 コメント - "貧脚でもヒルクライムを楽める!上手に走るコツと便利グッズをご紹介"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
yoshimotoya120

>インナーギアの歯が36のものよりは、39のもののほうが「軽い」ギア

フロントギアを指してると思いますが、逆ではないでしょうか?

wpDiscuz