自転車夫のあてにならない発言7選

自転車夫のあてにならない発言7選


「走ってたら痩せるから食べても大丈夫」

Too many croissants yesterday...
「自転車で痩せる」とか、「走ったらカロリーを消費する」という自転車夫の発言も、結構あてになりません。年間を通して長距離を走ったり、きっちりトレーニングをしている自転車夫の場合は確かに痩せるでしょう。しかし、週に1~2回、休日に近所を軽く走りに行くだけではさほどカロリーを消費しません。「走ってたら痩せるから食べても大丈夫」という夫の言葉を信じて、暴飲暴食を許してしまうとあっという間にカロリーオーバーになってしまい、逆に自転車に乗り始める前よりも太ってしまった夫を見て、がっかりすることも少なくありません。

「その辺ちょっと走ってくるだけ」

transportation
ロードバイククロスバイクで遠出するのが自転車夫の趣味になった場合、長く走るのが当たり前になってきて、だんだん距離の感覚が普通の人と違ってくることもしばしばあります。そのため、そんな距離感覚が狂った夫の「ちょっと走ってくる」という言葉を信じて外出を許すと、びっくりするくらい遠くまで行ってしまっていたということが起こります。また、自転車夫が走っているうちに楽しくなってしまい、予定よりも遠くに行ってしまうということも多々あるので、なかなか帰ってこない夫にイライラしてしまうこともあるでしょう。

「休日はちゃんと家事手伝うから許して」

Blocked drain
自転車夫の中には、趣味に時間やお金をかけることを許してもらうために、「休日はちゃんと家事手伝うから」と宣言する人がいますが、あてにならない場合が多いでしょう。なぜなら、天気が良い休日は高確率で朝から走りに行き、体力を使って帰ってくると、疲れて家事の手伝いどころではなくなってしまうからです。特にイベントに参加するようになったり、仲間と走りに行くようになったら、なおさら休日の予定が詰まってきて、家事を手伝わなくなる可能性が高いです。また、の日は家にいたとしても、そもそも洗濯や掃除などの家事が制限され、手伝えることが少なくなってしまうので、夫の手助けが期待できないでしょう。

「お土産買ってくるね」

Souvenirs
自転車でイベントに参加するようになったり、旅行するようになったりすると、夫が「お土産を買ってくるね」と言ってくれることがあります。しかし、この発言も当てにしない方が良いでしょう。なぜなら、自転車で走るとなると、かさばる荷物は邪魔になるので、お土産が購入しにくくなる上、予定通りの時間やルートで行けないことも多いため、後で買おうとしすぎて買いそびれることもしばしばあるからです。また、お土産と聞いて、食べられるものを期待していたのに、自転車夫が運びやすいキーホルダーや文房具を買っていてがっかりするというパターンもあります。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz