ロードバイクの「安いもの」と「高いもの」でどう違うのか徹底解説

ロードバイクの「安いもの」と「高いもの」でどう違うのか徹底解説


パーツなどの耐久性

基本的に安いロードバイクに使われるパーツなどは寿命が短いといわれます。高価なモデルはレース用として開発されているので、プロの使う過酷な環境で耐えなければいけないので、耐久性が高くなっています。
ただ、ヒルクライムレースなど耐久性は無視しても軽量性が重要視されるシーンに用いられるパーツは高価でも耐久性はそこまでといったものもあります。

フレームやパーツ重量

低クオリティのフレームやコンポーネントは厚みを持たせないと強度を保つことができないので、安価なロードバイクはどうしても重くなりがちです。
しかし、クロモリのフレームは、鉄なので高いからといって軽いわけではありません。

パーツのグレードの違い

ロードバイクに付属するコンポーネントは、グレードによって値段の幅が広いパーツです。SHIMANOでたとえると、SORAなら一式3万円程度ですが、最上級のDURA ACEになると一式17万円程度します。
また、価格によってコンポーネントの使用感も変わってきます。安価なパーツは精度が悪く調子が狂いやすく、高価なものは調子が狂いにくいです。
ホイールも価格の幅の広いパーツです。前後で1万円ほど安価なものから、カーボンでできた100万円ほどするものもあります。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz