ロードバイクの「安いもの」と「高いもの」でどう違うのか徹底解説

ロードバイクの「安いもの」と「高いもの」でどう違うのか徹底解説


はじめてロードバイクを買おうと思ったときに、値段をみて安いものと、高いものって何が違うのだろうと思われたことはありませんか。
この記事ではロードバイクの安いものと高いものの違いや、さらにはロードバイクの選び方をご紹介します。

そもそもロードバイクの値段っていくらくらい?

ロードバイクの値段はおよそ8万円前後から100万円前後ほどまでです。車でいうと街乗りのスポーツカーからF1カー並みのものまで市販されています。
また、ロードバイクには値段によってグレードがあり、メーカーによって区切る値段は違いますが、ローエンドモデル、ミドルレンジ、ハイエンドモデルと呼ばれます。
おおよそ、10万ほどまでがローエンドモデル、20万円から50万円ほどまでがミドルレンジ、60万円を超えてくるとハイエンドモデルと呼ばれ、プロのレースシーンでも使われることがあります。

ロードバイクの安いものと高いものの違い

ロードバイクは高くなればフレームやコンポはもちろん、ホイール、タイヤ、細かいところで言えば、シートポスト、ステムなどなどすべてが変わって来ます。
この価格差によって、主に以下の5つの点において違いが生まれます。

フレームの材質の違い

ロードバイクのフレームの材質といえば、カーボン、アルミ、クロモリ(鉄)などあります。一般的にカーボンが一番高く、高性能です。もちろん同じ材質でもグレードによって違いがあり値段も異なります。
また、コンポーネントにおいては、ハイエンドモデルにはカーボンや、チタンが使われることもあり高価になっています。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz