サイクリングで意外と使える!?自転車専用じゃない8つの便利グッズ

サイクリングで意外と使える!?自転車専用じゃない8つの便利グッズ


補給食にぴったりの羊羹

Home made mizu-youkan
コンビニエンスストアなどで販売されている、個包装の羊羹は、手軽に購入でき、かさばりにくいので、自転車乗りの栄養補給にぴったりです。また、羊羹はカロリーバーよりもしっとりしているので、食べたときに口の中がパサつくことが少なく、サイクリングをして口の中が乾いている状態でも食べやすいでしょう。さらに、常温で保存できるので、すぐに食べなくても、持ち運ぶことができて便利です。

折り畳みリュックがあれば荷物が増えても安心

Red Houge Wine Mini Backpack
サイクリング中に立ち寄った先でお土産を買ったはいいものの、持って帰るのに困ることってありますよね。こんな時に持っていると役に立つのが、ビニール製の折り畳みリュックです。とっさに荷物が増えても、リュックに入れて背負って帰れます。また、小さいタイプの折り畳みリュックならサイクルジャージのバックポケットなどに収納できるので、さほどかさばらず、使わないときの持ち運びも困りません。また、サイクリング中に脱いだ上着を収納するのにも使えて便利です。

ゴム手袋で手を汚さない

gloves DSC_1978
サイクリング中にトラブルが起こり、修理しようとチェーンやタイヤなどを素手で触った結果、手が汚れ困ってしまうことがあります。このイライラを軽減するために、市販のゴム手袋を持っていくと良いでしょう。薄手のものならかさばりませんし、手袋を付けていれば作業をしても、手が汚れません。使い終わった後は汚れた面を内側にしてごみ袋にもでき、補給食などのごみを入れるのに使えます。また、使い捨てのものは出先のごみ箱で捨てることができる場合もあり、便利です。

ジッパー付き袋でコンパクトに収納&防水

Ziploc
長期間のサイクリングに行く場合は、たくさんある荷物をできるだけコンパクトにまとめていきたいと思うもの。そんな時に役立つのが、100円ショップなどで販売されている、ジッパー付きのポリ袋です。荷物を入れて、できる限り押しつぶし、ストローなどで中の空気を吸い出せば、簡易圧縮袋として使え、荷物をコンパクトにすることができます。それ以外にも、防水袋としての使い方ができ、財布やスマホなどをジッパー付き袋に入れてから、サイクルジャージのバックポケットに入れておけば、汗やで濡れるのを防げます。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz