サイクリング中のスマホあるある8連発

サイクリング中のスマホあるある8連発


今や、日常生活に欠かせないスマホ。自転車でサイクリングしているときにも、地図の確認などに利用できて便利ですよね。しかし、そんなスマホをサイクリングに持っていくと、ちょっと面倒なことが起こってしまうこともあるでしょう。今回は、サイクリング中にスマホを持っていくと起こりがちなあるあるを紹介していきます。

バッテリーが切れて困る

Pokémon Go and Smartphone Battery Pack Sales
外出中、スマホのバッテリーが切れるというハプニングに見舞われることはよくあります。特にサイクリング中は、地図アプリやトレーニング用のアプリなどを長時間つけていて、スマホのバッテリーの消耗が激しくなってしまうという人が少なくありません。また、アプリなどが起動したままになっていることに気が付かず、サイクリングに出かけ、いつの間にかバッテリーが切れてしまい、本当に必要な時にスマホが使えなくなって困ってしまう自転車乗りも多いでしょう。

持ち運ぶのが邪魔に感じる

Smartphone pocket
画面が比較的大きいタイプのスマホを使っている場合、かさばるため、持ち運ぶのが不便に感じる自転車乗りもいるでしょう。また、スマホは画面が割れやすいものが多いので、落としてしまうのが不安に感じ、持て余してしまうというパターンもあります。また、そこそこの重量があるので、バックポケットなどに入れていると、ポケットがたるんでしまうことも多いので、邪魔に感じてしまうという人も少なくないでしょう。

ポケットやスタンドから落下して壊れる

Broken Blackberry
自転車で走っているときに、サイクルジャージのバックポケットに入れたスマホを落としてしまうという経験をする人もいます。また、サイクリング中に、自転車に直接スマホをくっつけるスタンドを利用しているという人もいますが、固定の仕方が悪かったり、自分が落車してしまったりしたときにスマホを落として壊してしまうこともあります。特に、スポーツ自転車に乗ってハイスピードで走っているときに落としてしまうと、スマホにかかる衝撃が大きく、破損させてしまうことが多いです。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz