冬でも快適に走る!服装を選ぶときに重要な3つのポイント

冬でも快適に走る!服装を選ぶときに重要な3つのポイント


スポーツ用機能性インナーを活用

23_Men's Long Sleeve T-Shirt_NA
寒いからと言って、一般的な薄手の冬用保温インナーを着ているという人も多いでしょう。しかし、これはNG。市販の冬用インナーの多くは、レーヨンなどの汗が乾きにくい素材でできていることが多いため、着たままサイクリングをして汗をかくと、汗冷めを引き起こしやすくなってしまいます。サイクリングに行く際は、保温だけではなく、汗を乾かす効果がある、スポーツ用の機能性インナーを着た方がよいでしょう。中に1枚着ておくだけで、快適さが変わります。

冷たい風から体を守る

風が直接当たる部分を減らす

verweht
冬のサイクリングで特に辛いのが、冷たい風です。サイクリングの場合は、そんなに風が吹いていなくても、スピードを出して走れば走るほど、冷たい風を直に受けてしまい、どんどん体温を奪われていってしまいます。特に、夏用のサイクリングウエアは通気性が良く作られているものが多いので、そのまま流用してしまうと、風邪を引くことは間違いありません。冬のサイクリングでは、風を通さない素材の上着を着るとよいでしょう。また、露出する部分を極力減らし、肌に直接冷たい風が当たらないようにしましょう。

ネックウォーマーやマスクで顔周りを温かく

Me in My Mask
冬の冷たい風を切ってサイクリングをしていると、顔に直接冷気が当たることになるので、鼻や頬が冷えて赤くなったり、痛みが生じたりしてしまいます。また、自転車に乗っていると、知らず知らずのうちに口で呼吸することが増えます。夏ならまだよいですが、冬の場合は、冷気を吸い込んでしまい、のどが痛くなったり、風邪を引いたりしてしまうことも少なくありません。ネックウォーマーや、自転車専用のマスクなどで、首や鼻、口のまわりなどを覆い、冷気から守るようにしましょう。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz