自転車女子が「2度とサイクリングしたくない」と思ってしまう男子の行動

自転車女子が「2度とサイクリングしたくない」と思ってしまう男子の行動


口うるさく注意する

anti G8 chav & his girlfriend_MMV
自転車男子の中には、女子の前でかっこつけようと、うんちくを長々と話したり、走り方について説教を始めてしまう人がいます。しかし、これは逆効果。せっかくの楽しいサイクリングなのに、口うるさく説教されてしまうと、女子の気分が台無しになってしまいます。女子への自転車トークは、困っているときや相談されたときのにアドバイス程度に留めておきましょう。また、危ないことがあったときには怒るのではなく、優しく注意する方が無難です。

休憩などで止まると嫌な顔

Angry man
女子の方が男子よりも体力が少なかったり、トイレに行く回数が多かったりする傾向があります。そのため、自然と休憩する回数が増えます。それに男子が腹を立てて、嫌な顔をしたり、「また休むの」と言ってしまったりすると、女子は困ってしまうでしょう。また、休憩を言い出しにくくなってしまい、我慢した結果、体調不良を起こしてしまう可能性もあります。休憩はあらかじめ多めに、長めにとれるようにコース設定してあげましょう。また、男子はそのことでイライラしないようにしましょう。

お尻をじろじろ見る

Downhill
自転車に乗っている女子のお尻に、ついつい見とれてしまうという男子もいるでしょう。特に、体のラインがしっかりと出るタイプのサイクルウエアを着用していたらなおさらです。しかし、体をじろじろ見られると、不快に感じてしまう女子は多いです。男子は、露骨に女子のお尻を眺めないようにしましょう。また、男子が女子の後ろを走るのではなく、前を走るようにした方が無難でしょう。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz