すぐにできる!スポーツ自転車の盗難防止テクニック

すぐにできる!スポーツ自転車の盗難防止テクニック


柵やポールにつないで鍵をかける

How not to lock your bike
スポーツ自転車は軽いので、自転車本体に鍵をかけていただけでは、そのまま窃盗犯に持ちあげられ、持っていかれてしまう可能性があります。そのため、鍵をかけるときは、柵やポールなど、簡単に動かせないものにつないでおくようにしましょう。そうすれば、簡単に持ち上げられて、スポーツ自転車を移動させられてしまう心配が減ります。また、盗むときに鍵を壊す時間を稼げるので、窃盗犯が心理的に狙いにくくなるでしょう。

一部だけに鍵をかけて満足しない

Vivente World Randonneur - security
バラバラにして転売することを狙い、スポーツ自転車を丸ごと盗むのではなく、盗れるパーツだけ持っていこうとする窃盗犯もいます。そのため、スポーツ自転車の片方のタイヤだけなど自転車の一部のみに鍵をかけていた場合、鍵が付いている部分だけを残し、残りの部分を盗まれてしまうという可能性があります。鍵をかけるときには、一部だけに鍵をかけて満足するのではなく、長い鍵を巻き付けるなどして、自転車全体をロックするようにしましょう。

盗難防止アラームを付ける

20060715_23
盗難を避けるために、鍵だけではなく、その他の盗難防止グッズを付けるのも手です。例えば、盗もうとしたり、無理にスポーツ自転車を動かそうとすると音が鳴って知らせるような盗難防止アラームを付けるのもよいでしょう。これらを付けているというだけで、窃盗犯に警戒していることが伝わり、プレッシャーをかけることができます。また、盗難アラームを外さなければならないというひと手間が加わるので、窃盗犯が狙いにくくなるでしょう。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz