すぐにできる!スポーツ自転車の盗難防止テクニック

すぐにできる!スポーツ自転車の盗難防止テクニック


自転車乗りの多くを悩ませる「盗難」。「自分のスポーツ自転車が盗難にあってしまったら…」と思うと、気が気でないですよね。実は、ちょっとした工夫で、被害にあう可能性を低くする方法があるんです。今回は、すぐにできる、スポーツ自転車の盗難防止テクニックを紹介します。

2種類以上の鍵をかける

Nerd's commuting bike
盗難防止の基本は、まずきちんと鍵をかけることにあります。そして、スポーツ自転車の2か所以上にに鍵をかけるとよいでしょう。しかし、2か所以上に鍵をかけているといっても、同じ種類の鍵をかけていた場合、同じ方法で解除ができてしまうので、盗難対策としての効果が薄くなってしまいます。必ず種類の違う鍵をかけるようにしましょう。こうすることによって窃盗犯が鍵を解除したり、壊したりするのに時間がかかるようになります。

太い鍵をにする

Nishiki, All Locked Up
せっかくきちんと鍵をかけていたとしても、鍵の強度が弱いと、窃盗犯に鍵を破壊されてしまい、スポーツ自転車を盗まれてしまうことがあります。それを防止するために、丈夫な素材でできた鍵をかけるとよいでしょう。こうすることで、鍵が破壊されにくくなり、盗むのに時間がかかるようなるため、窃盗犯が敬遠します。特に、パッと見て丈夫さが分かる太い鍵にしておくと、窃盗犯が狙いにくいと感じるようになるので良いでしょう。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz