苦しみにサヨナラ!サイクリングで不調を起こしやすい部位とその対処法

苦しみにサヨナラ!サイクリングで不調を起こしやすい部位とその対処法


前傾姿勢を見直せば首が楽に

Elite Men's Criterium
ロードバイクに乗っている人の特徴といえば、前傾姿勢。確かにロードバイクは、一般的なシティサイクルよりも前傾姿勢になって乗るものです。しかし度が過ぎると、首が痛くなってしまいます。特に、前傾になったとき、顔が下向きになってしまう人は要注意。ハンドルを少し上げ、前傾姿勢を緩めましょう。すると、首が楽になります。また、さらに背筋を鍛え、うまく使えるようになれば、首の痛みを軽減させることができるでしょう。

肩は適度にリラックス

stretch!
ロードバイクで走っているときに、つい必死になってしまい、肩に力が入っていることはありませんか?ただでさえ、ロードバイクに乗っていると、前傾の不安定な姿勢になりますし、同じ姿勢で長時間いることになるので、上半身に無駄な力が入ったり、血行が悪くなったりしてしまいやすいです。乗るときのフォームを見直し、肩に力が入りすぎないようにしましょう。また、血行を良くするために、信号待ちや休憩のときに肩や首を回すなどストレッチをしてほぐすのも手です。

正しいフォームで腰痛防止

TALASO&SPA: MASAJE PIEDRAS CALIENTES/HOT STONE MASSAGE
上体を起こし過ぎると、走っている間に腰に負担がかかりすぎてしまいます。サドルの高さや位置を調整し、フォームを改善して腰の負担を減らしましょう。また、フォームを改善したとしても、体幹が弱いと、走っている間に正しいフォームを保つことができず、結局、腰に負担がかかってしまい、腰痛の原因になってしまいます。体幹トレーニングをして、体を鍛えましょう。急にトレーニングするのが難しい人は、まず背筋を伸ばして生活し、体幹を意識するところから始めるとよいでしょう。

頭痛の予防に水分と塩分を補給

Headache
サイクリング中に、急に頭が痛くなったり、体がだるくなったりした経験がある人もいるでしょう。こうした頭痛の原因は、汗をかいたことによる脱水症状であることが多いです。サイクリング中には、こまめに水分を補給し、脱水症状を防ぎましょう。また、汗をかくと、水分と一緒に塩分も失われてしまうので、スポーツドリンクや塩分タブレットなどを活用し、塩分の補給もするようにしましょう。そうすれば、頭痛だけではなく、こむら返りなどの予防にも効果があります。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz