ロードバイクに乗り始めたとき「イメージと違った!」と思うことあるある

ロードバイクに乗り始めたとき「イメージと違った!」と思うことあるある


管理が大変

the-world-cycles-20121107-12.jpg
ロードバイクは結構繊細な乗り物なので、一般的なシティサイクルよりも管理に手間がかかります。例えば、タイヤが細いので、マメに空気を入れないといけませんし、盗難のリスクが高くなるので、駐輪するときにとても気を遣います。その他の部分も、きちんと手入れしておかないと、いざ走ろうと思ったときにトラブルが発生してしまいます。ロードバイク初心者の中には、こういった管理が面倒に感じてしまい、だんだんと乗るのが億劫になってしまう人もいるでしょう。

物欲がどんどん湧いてくる

Bright Bike mod in Brooklyn
自転車をカスタマイズできるのも、ロードバイクの魅力の1つです。そのため、ロードバイク乗りの中には、理想の見た目と乗り心地を追求するあまり、新しいパーツがどんどん欲しくなっていってしまうという人が少なくありません。また、自転車のことをもっと知ろうとサイトや雑誌を見るようになると、同時に新しいモデルの自転車やおすすめの自転車グッズの広告も目にするようになり、買った当初想定していた以上に物欲が刺激されてしまうこともあるでしょう。

長距離を走るのが大変

Passo dello Stelvio
ロードバイクで長距離を走るためには、体力はもちろん、自分の実力に沿ってコースを決めることや、休憩や補給を適切に行うことなども重要になります。しかし、ロードバイク初心者のうちに、これらを考えずに1人でやみくもに長距離サイクリングに出掛けてしまい、思っていたよりも走るのが大変で、疲労感だけが残ったという経験をする人は結構います。また、サイクリング中にパンクなどのトラブルに見舞われたり、体調不良になったりしてしまい、辛い思いをするロードバイク初心者も少なくありません。

危険を感じることが多い

Socks Du Jour: Bacon
ロードバイクはスピードが出ますし、生身で歩道に出る乗り物なので、危険だというイメージを持っている人は多いでしょう。しかし、実際に車道に出て走行してみると、イメージしていたよりもさらに危険だと感じることがたくさんあって驚くロードバイク乗りは多いでしょう。例えば、路面の思いもよらないちょっとした凸凹や落下物でバランスを崩して落車しそうになったり、下り坂で思っていたよりもスピードが出たりするなど、怖いと感じる場面が結構あるのです。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz