テンションMAX!自転車乗りのモチベーションが上がるものあるある

テンションMAX!自転車乗りのモチベーションが上がるものあるある


スポーツ自転車でサイクリングしたりトレーニングしたりしている最中に、何かがきっかけでモチベーションが上がり、もっと走りたくなることや、自転車への愛が高まることってありますよね。今回は、そんな自転車乗りのモチベーションを高めやすいものを9つ紹介します。

走った距離や最高速度を数字で実感

Cycling
自分の実力や努力の結果が数字で表示されると、分かりやすいですし、実感がわきやすいので、もっと頑張ろうという気持ちになりやすいですよね。自転車乗りの場合、サイクルコンピューターに表示される数字という形で、今までに走った総走行距離や最高速度などが示されると、目標が立てやすく、走るモチベーションにつながりやすいでしょう。また、他人と比較しやすいので、負けず嫌いの自転車乗りは特に、燃え上がってもっと走りたくなってしまうでしょう。

体重・体脂肪率で体が変わったことを確認

Scale-A-Week: 19 November 2017
体重や体脂肪率が、自分の理想に近づき、「やせた」「筋肉がついた」などと実感できると嬉しいものですよね。特に、ダイエットのためにスポーツ自転車を始めた自転車乗りや、大会に出場していて体作りを大切にしている自転車乗りの場合、体重や体脂肪率が目標に近づき、自分の体が良い方に変化していることが確認できると、どんどんモチベーションが上がっていくでしょう。また、洋服を着たときなどに体形の変化が実感できるとさらにやる気がアップします。

走った後や途中に美味しい食事

Meal
サイクリング中やサイクリング後の美味しい食事が自転車乗りのモチベーションアップにつながることは少なくありません。なぜなら、長い距離を走った後は、お腹を空いていますし、走り切った達成感もあるため、食べ物を格段に美味しく感じやすいからです。また、サイクリングをするとカロリーを大きく消費するので、「美味しく食べた分を消費するぞ」と帰り道の走りに対するモチベーションになることもあります。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz