やってしまった!自転車で来たことを後悔する瞬間

やってしまった!自転車で来たことを後悔する瞬間


雨が降ってきたとき

_GBD1250_golden
自転車でサイクリングをしているときにが降ってくると、自分も自転車もびしょぬれになってしまいがっかりしますし、片付けも面倒なので、自転車で出てきたことを後悔するでしょう。また、自転車で出かけた頃にはよい天気だったのに、帰る頃になって雨が降り始めるということもよくあります。小雨の場合はまだよいですが、どしゃ降りになってしまい、合羽などの雨具がなく、輪行もできそうにないという状況になってしまうと、自転車で来たことを後悔してしまうでしょう。

強風が吹いたとき

Wind
自転車に乗っていると、風の影響を受けます。気持ちのよいそよ風なら、快適にサイクリングをする手助けになりますが、台風並みの強い風ともなると、前に進むことが困難になるだけではなく、落車のリスクが高まりますし、周囲から物が飛んでくる可能性もあってとても危ないです。そのため、自転車で外出しているときに想定外の強風が吹いてくると、「自転車で外出しなければよかった」と思う人もいるでしょう。

着いた先に駐輪場がなかったとき

Bicycle Parking
到着した先に駐輪場がないとなると、困ってしまい、自転車で来たことを後悔してしまうでしょう。また、駐輪場があったとしても、自転車がたくさんとまっていてすし詰め状態になっていたり、屋根や囲いがなかったりするなど、自転車を安全に駐輪できない状況になっている場合もあるでしょう。そんな場所に無理をして自転車をとめると、自転車が心配で、外出先での用事に集中できなくなってしまい、「自転車で来なければよかった」と思う自転車乗りは少なくないでしょう。

予定が押しているとき

IWC Porguguese Automatic
何軒かお店をはしごするときや訪問する場所が複数あるなどの場合に、そのうちの1か所で予想以上に時間を使い、予定が押してしまうことってありますよね。そしてそのせいで、予定していたお店を回りきれないという状況になることや、別の人に会う予定に遅れそうな状況になることもあるでしょう。そんなとき、車や電車なら間に合うのに、自転車で来たばっかりに間に合わないという状況になって、自転車で来たことを後悔してしまう人もいるでしょう。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz