実はこれもダメ?ロードバイクで走ってはいけない場所と危険なポイント

実はこれもダメ?ロードバイクで走ってはいけない場所と危険なポイント


自転車はロードバイククロスバイク、マウンテンバイクなど、進化の過程でそれぞれ特化した性能を得て今の形になりました。
結果的にそれぞれの自転車には専売特許が有り、逆に苦手なシーンも生まれてきました。
適さない場所へ出かけると、性能を発揮できないだけでなく故障や事故の可能性も上がってしまいます。
今回はロードバイクデビューを考える方へ、ロードバイクが苦手な場所、走ってはいけない場所をご紹介します。

ロードバイクはデリケート

試乗したScottのロードバイク
ロードバイクは値段が高いこともあり、丈夫で耐久性が高いと思われがちですが、実はその逆です。
スピードという長所を生かした結果、各所に弱い部分があり、走れるシーンも他の自転車に比べてかなり限られています。
このため、人間側でロードバイクに配慮しないとすぐに異常が出てしまう、とてもデリケートな乗り物なのです。

故障の可能性が上がる

パンク修理おわた。出発
ほぼすべてのロードバイクが重視しているのは「軽量化」です。
軽量化のために耐久性を落としている部分も多々あり、実は故障しやすいデリケートな乗り物なのです。
マウンテンバイクであれば、快適性はさておき舗装路でも悪路でも様々なシーンに対応しますが、ロードバイクはそうもいきません。
では、なぜロングライドで100km単位の距離を走っても故障しないかというと、ロードバイクが専門にする場所であれば負担が少なく故障を避けることが出来るからです。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz