自転車乗りってココが変、6つのこと

自転車乗りってココが変、6つのこと


健康的な食事に詳しい

Mum's Zha Jiang Mian 炸酱面
自転車に乗ると、日常では考えられないくらいの大量のエネルギーを消化します。そして、とにかくお腹がすき、1日に3食では足りなくなります。また、自転車を趣味にしていく過程で、体脂肪が落ち、筋肉も発達してくるので、どんどんアスリート体型に近づいていきます。この体型の変化や、距離が伸びることがモチベーションになり、さらに自転車にハマっていく人も多いですね。自転車乗りは、基本的に真面目でストイックな性格の人が多く、体力と筋力をアップさせるために、より効果的な食事を研究し、周りから見ると、健康的な食事にやたら詳しい人になっていくのです。

1人で行動しがち

The Bicycle
自転車は1人でも楽しめる趣味としても人気があり、自分のペースで動くことができるのも魅力のひとつですね。例えば、空いた時間でちょっと走ってくるといった楽しみ方や、予定を変更して走ることができるのも1人ならではです。このような行動パターンを続けていると、自転車に乗っていなくても、1人の気軽さに慣れており、日常生活も1人を満喫するようになる人が多いのではないでしょうか。

距離の感覚がおかしい

Oslo, Norway
自転車乗りは、距離の感覚が普通に比べてかなりずれています。確かに、スピードだけで考えると、原付バイクと同じように使えますね。「100キロは散歩」と言い切れるくらいの人もいて、体力があればさらに遠くまで行くことができます。100キロの距離は、時速25キロで走れば約4時間で到着する計算ですね。会話の中で「○○までは近いよ、100キロくらい。」なんて発言をして、驚かれることも多いのではないでしょうか。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz