電動アシストスポーツ自転車「ヤマハYPJ」新モデルはここがすごい

電動アシストスポーツ自転車「ヤマハYPJ」新モデルはここがすごい


新型YPJは従来モデルとココが違う

進化したアシストユニットで気持ちいい走り

第1世代と第2世代の違いとしてまず挙げられるのが、ヤマハの自社開発によるパワーユニットです。第1世代ではアシスト力をあえて弱めに設定し、自然な乗車フィールを目指していました。しかし新型の第2世代は、はっきりとしたアシスト力を感じられる制御に変更されています。乗る人の電動アシスト自転車への期待に応える、わかりやすい楽しさと力強さを実現したのです。

アシスト走行可能な距離が大幅に伸びた!

新型ではバッテリーも強化されています。第1世代よりも大きくなったバッテリーは、パワフルな走行を支え、1充電あたりのアシスト走行距離も大幅に向上させています。詳しいスペックは各モデルによって異なりますが、アシスト力が強い「HIGH」モードで90km前後、いちばん弱い「+ECO」モードなら200km以上のアシスト走行が可能です。
次に、各モデルについて紹介しましょう。

YPJ-XCはどんなフィールドも遊びつくせる新時代の電動MTB

新しいYPJシリーズの中でいちばん注目されているのが、この「YPJ-XC」ではないでしょうか。ご覧になってわかるとおり、太いタイヤとフロントサスペンション、そして油圧式のディスクブレーキを備えたマウンテンバイク(MTB)モデルです。このYPJ-XCのみ、とても強力な「EXPW」モードが用意されており、急勾配のオフロードでもグイグイ登っていくことができます。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz