自転車乗りのための肩こり対策

自転車乗りのための肩こり対策


ハンドルが近すぎるor遠すぎる

基本のポジションをとるためには、まずは体格に合わせたセッティングが肝心です。自転車のセッティングを基本の位置に合わせたら、肘が軽く曲がり、無理な力が入っていないか確認しましょう。サドルの高さと前後の位置で調整できない場合は、ステムの長さを交換して対応しましょう。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz