自転車乗りになると楽しみになること9選

自転車乗りになると楽しみになること9選


自転車に乗ることが楽しくなると、どんどん遠くに行ってみたくなるものですよね。特に、スポーツ自転車の場合、シティサイクルよりも走りが軽快で気持ちがよいですし、分解して輪行することもできるので、ますます自転車での遠出が楽しくなるでしょう。また、体力がついて遠くに行けるようになればなるほど、冒険の幅が広がり、ワクワクするという自転車乗りは少なくないでしょう。

休日の早起きが苦でなくなる

sunrise this morining # 1
「休日の朝は、時間の許す限り寝ていたい」と考えていた人が、自転車乗りになると「早く起きてたくさん走りに行きたい」と考えを変えるケースは少なくありません。そして、今まで苦手だった休日の早起きが苦でなくなるということがあるでしょう。特に、朝早く起きて交通量の少ない時間に走る快適さを味わったり、行動時間を前倒しにすることで1日を有意義に過ごせるようになったりした自転車乗りは、ますます休日の早起きが楽しみになるでしょう。

自転車の手入れが楽しみに

Philippe Shranz in his element
自転車を、「単なる移動の足」と考えていると、故障して不具合が起きない限り、なかなか手入れをしないことが多いですよね。しかし、自転車乗りになって自分のお気に入りの自転車を持つと、自転車の手入れ自体が楽しみに変わるということがあります。特に、その自転車と長く付き合ったり、いろんな場所を旅したりしていると、愛着が湧いてくるので、手入れして走りがよくなったり、自転車がきれいになったりすることが楽しみになるという人もいるでしょう。

積極的に体重計に乗るように

fitness digital scale/weight loss
数字というわかりやすい形で自分にとって良い変化を知ることができると、うれしいですよね。自転車乗りになって、体重が減ったり、体形がスリムになったりした人は、体重計に乗るのが楽しみになるでしょう。また、ダイエットや健康維持のために自転車乗りになった人にとっては、体重計の数値が減っていくことが励みになるでしょう。中には、体重計に乗るのが楽しみになりすぎて、以前より積極的に体重計に乗っているという自転車乗りもいるでしょう。

カロリーを気にせず食べる甘いもの

cupcake jubilee!
自転車乗りになると、運動をあまりしない人と比べてカロリーの消費量が格段に増えるので、甘いものを食べたときの罪悪感が減ります。そのため、カロリーをあまり気にせずに、もしくは「たくさんカロリー消費したから大丈夫」と言い訳して甘いものを食べられるようになります。こうして甘いものを気軽に食べられるようになったことで、以前より甘いものが楽しみになったり、美味しく感じられるようになったという自転車乗りは少なくないでしょう。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz