自転車乗りになると変わる10の感覚

自転車乗りになると変わる10の感覚


休日にごろごろするのが嫌になる

_IGP7753_сон_ДрамТеатр_диван
「休日に家でごろごろしたい」と考える人は多いですよね。しかし、自転車乗りになり、休日にスポーツ自転車に乗って遠出するのが楽しくなってくると、休日のたびに体がうずうずしてきて、「家でごろごろしているなんてもったいない」と、家を飛び出していくようになるでしょう。「朝の涼しいうちにサイクリングしたい」、「長い距離を走りたい」という自転車乗りの場合は、休日の朝寝坊さえやめてしまうこともあります。

道路の路面状況に敏感になる

Road
スポーツ自転車に乗っているときは、自動車に乗っているときよりも、舗装具合や滑りやすさ、凹凸など、道路の路面状況に大きく影響を受けます。そのため、自転車乗りになると、道路の路面状況に敏感になるでしょう。自転車乗りによっては、歩ているときや自動車に乗っているときにも自転車目線で路面の状況を観察するようになります。

時速30km以上のスピードも怖くない

Speed
スポーツ自転車の中でも特にロードバイクは、あっという間に時速30km以上の速度がでます。はじめは怖いと感じたり、驚いたりする自転車乗りもいますが、すぐに慣れてきて、怖くなくなります。むしろそのスピードに魅せられて、「どのくらいまで出るんだろう」とハイスピードで走ることを楽しむようになる自転車乗りもいるでしょう。

車道を走ることに抵抗感がなくなる

_ . 生活中愉悅的成分因子,莫過於一起享受山林間的氣氛  all you have to do,is #friendly . photo by 龍哥  . . #specialized #tarmac #cycling #iseetaiwan #specializedbikes #specializedtarmac #biker #tarmacexpert #rapha #statigram #roadbike #velobici #velo
自転車は軽車両なので基本的には車道を走る乗り物ですが、シティサイクルの場合はあまりスピードも出ませんし、「車道に出るのが怖い」と感じて、歩道を走行していることもしばしばです。しかし、スポーツ自転車に乗るようになるとスピードが出るため、車道に出て走るようになります。そのため、スポーツ自転車に乗り慣れた自転車乗りは、車道を自転車で走ることに抵抗感がなくなっていきます。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz