サイクリングでハッピーになる理由とその方法

サイクリングでハッピーになる理由とその方法


よく眠れるようになる

Sleeping
睡眠がしっかりとれて、毎日楽しく過ごせるとハッピーですよね。この「睡眠」にも、自転車の運動が関係しているのです。スタンフォード大学の研究では、2日に1回、30分程度の自転車運動が質の良い睡眠のために役立つということが分かっています。サイクリングという適度な運動が快適な眠りの手助けになり、心もハッピーにするというわけなのです。

病気に強くなる

special room for single at bangpakok 1 hospital
体に元気がないと、心もハッピーにならないですよね。サイクリングを続けると、痩せるだけではなく、実は病気に強い体を作ることができるとも言われているんです。順天堂大学の研究では、「自転車愛好家の方がその他の人よりも抗酸化能力が高く、病気のリスクを軽減している」ということが分かっています。自転車の運動が、病気に強い体を作っているというわけなんです。

よりハッピーになれる乗り方って?

退屈しないこぎ方が大事!

yawn
ここまで、サイクリングをするとハッピーになれる理由を見ていきました。とは言っても、ただ自転車をこぐだけでは、退屈に感じる、という人もいるのではないでしょうか?ここからはさらにハッピーになる効果を引き出すにはどうしたらいいのか、具体的なポイントを紹介していきます。これを実施すれば、もっとサイクリングを通してハッピーになれるでしょう。

太陽の光を浴びる!

Sun
晴れた日のサイクリングはとても気持ちが良いものですよね。実は、感情のコントロールやうつ気分の改善に役立つセロトニンは、太陽の光と関係が深く、人が太陽の光を浴びるとよりたくさん分泌されるのです。ですから、サイクリングの際は、曇りの日よりもよく晴れた日を狙って走るようにするとよいでしょう。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz