サイクリングでハッピーになる理由とその方法

サイクリングでハッピーになる理由とその方法


趣味やレジャーとして、人気があるサイクリング。実は人をハッピーに効果があることが、最近の研究で明らかになってきているのです。今回は、どうしてサイクリングが人をハッピーにするのか、その理由とよりハッピーになるために効果的な乗り方を紹介します。

どうしてサイクリングでハッピーになるの?

脳や体のパワーを引き出す

Happy
皆さんは、サイクリングをしてウキウキしたり、気分がすっきりとしたりした経験はありませんか?サイクリングをすると、脳が活性化されてさまざまな神経伝達物質が出されたり、体の反応が起こったりして、心がしあわせを感じるようになることが研究によって明らかになってきているのです。では、具体的にどんなことが起こるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

セロトニンが憂鬱を撃退!

Melancholy
私たちの体には、感情をコントロールし、憂鬱な気分を軽減させるのに役立つ「セロトニン」という神経伝達物質を作る機能が備わっています。この「セロトニン」の分泌には、運動がよいとされていて、畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターの研究では、ペダリングの運動をしたグループとしていないグループを比べると、運動をしたグループは60分後のセロトニンの量が増えていること、また不安が軽減され、活気が出てきたことが分かっています。

脳内麻薬でハイになる!?

Excited
また、有酸素運動をしたり、外からの刺激を受けたりすると「エンドルフィン」や「アドレナリン」という神経伝達物質が作られます。これらは「脳内麻薬」とも呼ばれており、これらの物質が分泌されると、気分が高揚し、ハッピーな気分になれます。サイクリングは体を動かす有酸素運動であり、走っている間にものを見たり、考えたりするため、これらの神経伝達物質を作り出してハッピーになるためにぴったり、というわけなのです。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz