自転車通勤が最強?通勤時間と職場満足度の関係性について

自転車通勤が最強?通勤時間と職場満足度の関係性について


会社勤めの方にとって、日々の通勤は毎日の日課であり、何気なく過ごしている人が多いのではないでしょうか。最近では、電車や自動車の他にも自転車を使用した通勤スタイルを選択して、通勤ついでにエクササイズをするといった方も多くなっています。そんな中で、ある気になる研究結果が発表されました。イギリスの西イングランド大学(UWE)が発表した研究によると、毎日の通勤時間が20分増えることで、職場への満足度が年間賃金の19%減少と同程度に低下するとのことです。このような研究結果を見てしまうと、私たちの通勤スタイルも一度見直さなくてはならないと思ってしまいますよね。今回はこの研究の概要に触れながら、自転車通勤が他の通勤手段よりも優れている点を紹介していきたいと思います。

通勤時間と職場満足度に関する研究が行われた背景

Cycling
今回発表されたこの研究が行われた背景としては、イギリスの労働環境の変化が影響しています。イギリスでは過去20年間で、1日の平均通勤時間が48分から、60分に増加したというデータがあり、現在では労働者の7人のうち1人が、2時間以上かけて通勤しているといわれています。こうした背景があったことで、通勤が労働における幸福度に影響を与えていることが注目され、研究者によって、イギリス国内の2万6000人の労働者を対象とした調査が行われました。その結果、通勤時間が1分増えるごとに、仕事や余暇の満足度が低下し、精神的健康が悪化することが明らかとなりました。タイトルにもあるとおり、通勤時間が20分増えるごとに、満足度が年収が約20%下がったのと同様になるということですから、通勤時間が30分で年収が320万円の人と、通勤時間が50分で年収が400万円の人の満足度が同じということになります。

通勤時間と職場満足度の研究~通勤手段による違い~

Trafic
今回発表された研究結果では、単純な通勤時間と満足度の関係だけではなく、通勤手段によって与える影響の違いについての結果も出ており、徒歩や自転車による通勤者は、他の手段を使う人よりも通勤時間が増加しても、満足度が低下しにくいという結果が出ています。他にも、バスを使用する通勤者は、他と比べて通勤時間増加による悪影響を受けやすいことや、男性より女性の方が、通勤時間増加による仕事の満足度が低下しやすいなど、といった傾向が確認されています。ここで注目したのはやはり、自転車で通勤している人は、通勤時間による影響を受けにくいという点ですね。職場までの距離にもよりますが、自転車かその他の通勤手段であれば、多少時間がかかったとしても、自転車を選択した方が満足度が高いということもあり得えます。

ストレスが溜まりやすい通勤手段

IMGP2374
ここまで研究が行われた背景や結果について紹介してきましたが、通勤時間が増加することによって満足度が低下するということを解釈すれば、通勤手段が与えるストレスの【一定時間に与える量】×【時間】によって考えることができます。例えば、都内で電車を通勤手段にしている人を想定します。都内の通勤時間帯なので当然混雑していることが考えられます。満員の電車に乗っている時間がこれまでよりも10分増加した場合、どれぐらいのストレスが通勤者にかかるでしょう。一方で、徒歩や自転車を利用している人の通勤時間が10分増加した場合を考えてみると、この同じ10分間が与えるストレスの大きさに違いが出てくることは明らかです。この記事を見ている方であれば共感できるとは思いますが、自転車の10分間はそれほど長く感じませんよね。逆に、満員電車の場合は10分がどれだけ長く感じるか想像できると思います。こういった点からも自転車通勤は低ストレスであることがわかります。

満足度を上げるための通勤方法とは

Cycling Oxford
研究の内容からは通勤時間と満足度の関係性が明らかとなっていました。ということは、通勤の方法を変えることによって、満足度を高めることが可能であると言い換えることもできます。例えば、この研究から考えると、職場の近くに住み、通勤時間を短縮するという選択肢があります。確かに、職場の近くに住むことができればおのずと通勤時間は短くなります。しかし、都内であればあるほど職場の近くは家賃の高い家が多く、通勤時間を短縮できたとしても、住居にかかるお金が増えてしまうので、全体の満足度は下がってしまう恐れもあります。この研究では、満足度を年収に換算していたことからもわかるように、年収が高いほど満足度も高くなるので、通勤時間を短くすることができたとしても、可処分所得が低くなってしまっては、満足度の向上には貢献できません。結局のところ、住む場所による改善方法は通勤時間と家賃のバランスによって左右されると考えられます。一方で、自転車通勤の場合ではどうでしょうか。移動手段を自転車にすることによって一般的に家賃が高くなる駅近に住む必要がなくなります。加えて、通勤時間が多少長くなったとしても満足度は下がりにくいので、満足度を高める通勤手段として、自転車通勤はとてもコストパフォーマンスに優れた方法であることがわかります。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz