「弱虫ペダル」2年目のインターハイに登場するキャラクターの使用ロードバイクを紹介

「弱虫ペダル」2年目のインターハイに登場するキャラクターの使用ロードバイクを紹介


1年・鏑木一差

総北高校に彗星のごとく現れた期待のルーキーで、インターハイのレギュラー入りをかけた新入生レースで、2年・杉本照文を破りメンバー入りを果たしました。脚質的にはスプリンターだが、自分ではオールラウンダーだと思っている若干天然も入ったキャラクターです。そんな鏑木一差が乗っているのは、ドイツのブランド「FELTフェルト」のロードバイクです。安定した操作性と剛性を兼ね備えたスプリンター向けのロードバイクといえるでしょう。

2年・杉本照文

1年目のインターハイでは裏方としてチームを支え、すっかり控えキャラになったのかなと思ったら、2年目には去年の悔しさをバネに一念発起しました。レギュラー入りを賭けて新入生レースに2年生として出場するも、惜しくも1年・鏑木に敗れたため、インターハイ出場とはなりませんでした。そんな2年・杉本照文が乗っているロードバイクはイタリアの高級自転車ブランド「コルナゴCOLNAGO」です。日本でもおしゃれでリッチなイメージが定着したブランドで、お金が許せば一度は乗ってみたいロードバイクです。

弱虫ペダルのキャラクターが乗っているロードバイク~箱根学園~

自転車の名門校として名をはせながらも総北高校に惜しくもインターハイ優勝を明け渡してしまった箱根学園。中心メンバーだったエース・福富、クライマー・東堂、スプリンター・新開、アシスト・荒北が抜けたのち、新キャプテン泉田を中心に昨年を上回るチームを作り上げました。ここでは、2年目のインターハイに登場する箱根学園の新キャラクターが乗っているロードバイクの車種を紹介します。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz