「弱虫ペダル」2年目のインターハイに登場するキャラクターの使用ロードバイクを紹介

「弱虫ペダル」2年目のインターハイに登場するキャラクターの使用ロードバイクを紹介


自転車ブームの火付け役となった大ヒットアニメ「弱虫ペダル」。2018年の1月にはテレビシリーズ第4期の放送が開始するなど、その勢いはとどまることを知りません。ロードバイクに乗っている人でも、弱虫ペダルがきっかけで乗り始めたという人が多いはずです。そして、もっと好きな人はお気に入りのキャラクターと同じブランドのロードバイクに乗っていることでしょう。さて、そんな自転車アニメとしての不動の地位を手にした「弱虫ペダル」ですが、今回は主にテレビアニメシリーズ第三期、ストーリー上では2年目のインターハイに登場するキャラクターたちが乗っているロードバイクの車種を紹介していきます。これを見れば、注目の新キャラクターがどんなロードバイクに乗っているかがわかります。

弱虫ペダルのキャラクターが乗っているロードバイク~総北高校~

主人公・小野田坂道君が所属する総北高校では巻島、金城、田所が抜けた後、小野田、鳴子、今泉を中心とするチーム編成となりました。そこに新たなインターハイメンバーとして、3年手島純太、青八木一、1年鏑木一差が加わり、2年目のインターハイを戦っていきます。ここでは、総北高校の新インターハイメンバーと、惜しくもレギュラーになれなかったキャラクターが使用しているロードバイクの車種を紹介します。

3年・手島純太

能力は平凡だが、堅実な努力と対戦対手を惑わせる戦略を得意とする3年・手島純太、通称パーマ先輩が乗っているロードバイクはアメリカの人気ブランド「キャノンデールcannondale」です。キャノンデールは「カーボンキラー」と称されるほどの高品質なアルミフレームには定評があり、またマウンテンバイクやミニベロなどさまざまな自転車も販売しています。コストパフォーマンスが高いブランドとしても人気を博しており、初めて購入するロードバイクとしてもおすすめのブランドです。

3年・青八木一

1年目のシリーズでは「ここ一番の走りに定評がある」レベルの選手でしたが、体力のマネジメントが苦手で芽が出ませんでした。その後レベルアップを図り、先輩田所の得意技「酸素音速肉弾丸」からヒントを得た「酸素音速肉弾丸・バンビスタイル」を編みだし、一躍トップスプリンターの仲間入りを果たした。そんな3年・青八木一が乗っているのは、ドイツの自転車ブランド「コラテックcorratec」です。日本ではあまり有名なブランドではありませんが、技術力の高さと質実剛健な走りに定評があるロードバイクです。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz