街乗りなのに大怪我!?注意が必要な自転車での落車対策

街乗りなのに大怪我!?注意が必要な自転車での落車対策


縁石などの段差には注意

横断歩道
自転車は基本的に車道を走る乗り物ですが、交通量や道路によっては歩道を走ることを余儀なくされることもあります。そういったときに車道から段差を乗り越えて歩道に上がる瞬間が落車を引き起こします。クロスバイクはシティサイクルと比べて、車体の重量が軽く、タイヤの空気圧も高いため、ちょっとした段差でもタイヤが弾かれ車体が跳ね上がってしまうことがありますし、段差を登れずに縁石に沿ってタイヤが滑ってバランスを崩してしまうということが生じやすいです。なので、縁石などの段差を乗り換えるときは、できるだけスピードを落とし、縁石に対して車体に角度をつけて登る必要があります。

濡れたマンホール、白線、鉄板などは滑りやすい

DSC09356
が降った後など濡れた道路を走る際は全体的にスリップする危険が高まりますが、特に道路上にあるマンホールや通行区分などを示した白線、鉄板やタイルなどには注意が必要です。アスファルトの場合は、ある程度タイヤと地面がグリップしてくれるので、滑ることはあまりありませんが、今挙げたものは自転車で通過すると摩擦力が小さくなるので、スリップして転倒してしまうことがあります。特に、クロスバイクはシティサイクルよりもスピードが出るので、その分ブレーキングの際にスリップしてしまう恐れがあります。

路肩とアスファルトの切れ目は引っかかりやすい

ご近所散歩 #10
多くの車道では、路肩にアスファルトとコンクリートの境目に亀裂や軽い段差が生じています。そういった箇所にタイヤがはまってしまうと、ハンドルを制御することができず、そのまま落車してしまうことがあります。車道を走行する場合、自動車の邪魔にならないようにできるだけ端っこを走る必要がありますが、端っこを走ることを意識しすぎても、こういった危険があることを知っておく必要があります。

排水溝にも注意が必要

植物與排水溝蓋
車道の端を走っていると定期的に現れる排水溝にも注意が必要です。特に蓋の隙間が広い排水溝の上を通過するときには、隙間にタイヤがはまってしまいバランスを崩してしまいますし、タイヤを強く打ちつけてパンクしてしまうこともあるので、排水溝の上はできるだけは知らないようにするべきです。ただ、排水溝を避けることを意識しすぎるあまり、車道にいきなりはみ出すのは危険などので後方確認などを怠らないようにしましょう。

落車を予防するためにすべき対策について

Bicycling
ここからは落車を防ぐためにどのような対策をすればいいのかについて説明します。また落車の対策をどれだけしていても起きてしまうのが落車でもあるので、もし落車したとしても被害を最小限に抑えるためのポイントについてまとめていきます。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz