寒い冬でも快適に走れる!サイクリングの防寒対策について

寒い冬でも快適に走れる!サイクリングの防寒対策について


アイウェア

adidas evil eye
アイウェアを着けずにサイクリングをしているときに風で涙が出た経験がある方は多いでしょう。特に冬場の空気が冷たい時には特に涙が出やすくなります。そんな時の涙対策としてアイウェアは必須アイテムです。風から目を守り、視界を良好に保ちましょう。

ネッグウォーマー

首元の防寒対策としてはネッグウォーマーがおすすめです。首元を晒すことなく走行することができますし、状況によってネッグウォーマーを口元を覆うとこまで上げるなど調節もできます。暖かくなってくれば外すこともできますし、コンパクトなので荷物になるこもありません。

上半身の防寒について

上半身の防寒についてはバランスが重要です。具体的には、しっかり防寒しながらも動きやすさや体温調節のしやすさを保つことを意識する必要があります。寒さを防げても着込んだ服が空気抵抗になってしまっては快適に走行することはできませんし、暑くなって脱いだ時に荷物になってしまっては邪魔になってしまいます。そうならないための最適なアイテムを紹介します。

 

アンダーウェア

サイクルウェアの下に着るアンダーウェアを使用すれば、しっかりと防寒できるだけでなく、通気性もいいので体を動かして暑くなったときでも快適さを維持することが可能です。仮に暑くなった時に脱いでしまったとしてもサイクルウェアに収まるぐらいコンパクトにすることもできます。

サイクルジャージ

サイクルウェアに関しても冬用のモデルが発売されているので、そういったものを購入することをおすすめします。単に厚手の長袖ジャージで防寒できるだけでなく、吸湿速乾性があるので体温調節も可能です。中には裏起毛タイプのジャージもあり、高い防寒性を発揮します。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz