寒い冬でも快適に走れる!サイクリングの防寒対策について

寒い冬でも快適に走れる!サイクリングの防寒対策について


サイクリングは空が晴れている限りいつでもどこでもできるスポーツではあるものの、やはりこれからの季節だんだんと気温も低くなっていき、寒い中でロードバイクに乗るというのも気が引けてしまうものです。しかし、寒い季節だからといってサイクリングを控えてしまうのではなく、しっかりと防寒対策をして快適にサイクリングを楽しみたいものです。そこで今回はこれからの季節に必見なサイクリングにおける防寒対策について紹介します。

なぜ防寒対策が必要なのか

Cycling
サイクリングにおける防寒対策の必要性についてですが、単に寒さから身を守って快適に走行するためだけではありません。冷えた体を急に動かしたときに筋肉を傷めてしまうといったリスクを軽減したり、手元が冷えてしまったがために正確なブレーキングやギアチェンジができなくなってしまうといったことを防ぐためでもあります。なので、防寒対策は寒さ対策とリスク軽減の両面から考える必要があります。

防寒対策のポイントについて

Cycling
サイクリングにおける防寒対策を考えるうえで重要なポイントとしては、ただ暖かければいいという問題ではないことです。確かに服を着込めば暖かいですが、それではスムーズに動くことは困難になります。さらにはサイクリングで体を動かし続けると体温が上昇するので、着込みすぎると逆に暑くなってしまいます。なので、サイクリングをするときには寒さを抑えながらもできるだけ動きやすく、また体温の変化に対応できることが重要となります。

頭部の防寒について

ここからは体のパーツごとの防寒対策について紹介してきます。まずは頭部付近の防寒対策を紹介していきます。頭部についてはサイクリングの際に特に冷える耳と首回り、そして涙対策として目をカバーできるものがあればいいでしょう。

インナーキャップ

ヘルメットの下に装着するインナーキャップをかぶれば頭と耳を防寒することが可能です。頭はヘルメットをかぶっているからいいのでは?と思ってしまいがちですが、自転車用のヘルメットは通気性の良いものが多いので、ヘルメットだけでは防寒が十分とは言えません。なので、インナーキャップがあるのとないのでは大きな違いがあります。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz