自転車で通勤をするときの注意点?必需品を揃えよう

自転車で通勤をするときの注意点?必需品を揃えよう


すべての人が快適に通勤するための交通マナーについて

Cycling oxford
自転車で車道を走行して通勤をするということは、同一道路上に車、自転車、バイクなどの異なった車両が同時に存在し、通行しているということになります。その中で、それぞれが快適に安全に走るためにはルールだけを守っているだけでは十分とは言えません。交通マナーを守り積極的な配慮をしていくことでこそ、快適な道路環境というものがつくられていくことでしょう。ここではそんな交通マナーについて紹介していきます。

こまめな後方確認を怠らない

Cycling Oxford
自転車で車道を走行するうえで一番危険だと言われているのが、後方から来た自動車が自転車を抜いていく瞬間です。この最も自動車と自転車が接近する瞬間が、事故のリスクを大きく高めてしまいます。対策としては、こまめな後方確認をして周囲の状況を正確につかんでおくということが重要です。自転車にサイドミラーを付けるというのも効果的ですし、最近では、後方からの自動車の接近を知らせてくれるデバイスなどもありますので、積極的に活用していきましょう。

手信号を駆使してコミュニケーションをとる

Cycling Oxford
車は言葉こそ交わしませんがウインカーやブレーキランプなどを通じで自分の動きを周囲に伝達していますよね。このコミュニケーションがある事によって周囲の車は互いに動きを予測することが可能となるので、安全を保つことができるのです。ですので、自転車も車道を走行するうえでは、周囲の車が自分の挙動を予測しやすいような手信号を活用することで安全性をより一層高めることが可能です。

常に譲り合いの精神を常に持つことが重要

London Cycling
特に交通量の多い道路などでは、車にとって自転車は邪魔な存在であると言わざるを得ません。車に対してストレスを与えないためにも、過度なすり抜けは控えたり、車に対して道を譲るといったことが大切です。安全に快適に走るためには相手に期待するのではなく、まず自分から変えていくことが大切です。

自転車通勤の必需品について

DSC06343
普段のサイクリングなどでも必要な物というのは多くありますが、自転車通勤に関しては特に必需品といってもいいぐらいのものがいくつかあります。備えあれば患いなしとはいいますが、余計なトラブルを起こすぐらいであれば、周到な準備を心がけることが重要です。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年9月12日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz