自転車のヘルメットをかぶるとハゲる!?そのメカニズムと対処法

自転車のヘルメットをかぶるとハゲる!?そのメカニズムと対処法


原因その3-ヘルメットが不衛生

ヘルメットそのものが不衛生であるのも、薄毛・抜け毛を引き起こす原因の一つです。汗をかいた後は、ヘルメットにも皮脂や汗が残っています。そこから細菌が増殖し、次にヘルメットをかぶったときにそれが頭に触れて、頭皮の環境を悪くしてしまいます。また、皮脂がヘルメットに残っていると、ほこりや汚れなども付きやすくなります。このほこりや汚れが、毛穴に詰まると、毛根を弱くする原因となってしまいます。

対処法

通気性を高める

ヘルメットの中が蒸れないようにするために、通気性を高める必要があります。その一つの方法は通気性の高いヘルメットをかぶることです。ダウンヒルなどの危険な競技でない限りは、ロードバイク用の、空気穴のたくさん開いたヘルメットの着用をおすすめいたします。また、帽子をかぶってその上からヘルメットをかぶると、帽子が水分・皮脂を吸収して、蒸れを緩和してくれます。タオルや手拭いをかぶって、その上からヘルメットという手もありますね。

サイズを合わせる

ヘルメットで頭皮や毛髪が擦れてしまう原因の一つは、ヘルメットのサイズが小さいからです。小さいサイズのヘルメットを無理にかぶろうとするときに、髪の毛を引っ張って毛根を傷つけてしまいます。また、サイズが小さいと、頭を締め付けてしまうので、血行が悪くなりそれも薄毛の原因となります。お店で購入するときは、一度試しにかぶってみて、サイズがちょうど良いものを選びましょう。サイズをアジャスターで調整するときは、締め付けすぎないようにしましょう。

清潔に保つ

ヘルメットを清潔に保つことも重要です。毎回サイクリングの後には、ヘルメットをしっかりと拭いてあげましょう。アルコール付きのウェットティッシュなどで拭いてあげると、しっかりと消毒もできます。泥や汚れがついてしまった場合は、特に入念に落としてから保管するようにしましょう。ヘルメットが、細菌の巣窟であることを意識しておくと、忘れずにお手入れできますね。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz