日本のこれからが楽しみすぎる⁉︎ 自転車活用推進法が充実の内容で期待大!

日本のこれからが楽しみすぎる⁉︎ 自転車活用推進法が充実の内容で期待大!


自転車で走っていても肩身が狭いと感じるときがあります。歩道は走ってはいけないというルールが認知され車道を走ることが当然となりましたが、なんだかんだ歩道を走るシティサイクルを見かけますし、いざ車道を堂々と走ると車道が狭くて、危険を感じながら走ることが多いです。そんな日本の自転車環境ですが、5月に注目のニュースが発表されたのをご存知ですか?

自転車活用推進法が5月1日に発表

2017年5月1日に自転車活用推進法が発表されました。なんとなく道路交通法改訂の発表の後ということもあり、名前を聞いても新鮮さを感じませんが、実は内容がかなり充実しています!

なんとなく日本では、自転車専用レーンが設置されるなど、推奨しているんだろうなという感じを受けますが、具体的にどのような内容があるのかご紹介していきます。

自転車活用推進法の具体的な15個

①自転車専用道路等の整備

Green light for the bridge 2012052784 005
まず最初の項目として挙げられているのは、「自転車専用道路等の整備」です。2016年には東京を中心に340kmもの自転車専用レーンが整備されました。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年6月29日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz