木製自転車の性能ってどうなの?日本や海外で作られた木製自転車をご紹介

木製自転車の性能ってどうなの?日本や海外で作られた木製自転車をご紹介


自転車といえば一般的に考えて金属でできていますが、今回はその中で希少価値の高い「木製自転車」に注目してみたいと思います。現代では金属の加工技術が発達し、軽くて丈夫な素材で作られることが当たり前になりました。その時代の中であえて「木」に注目した世界の職人たちに注目してみましょう。

木製自転車はそもそも走ることができるのか

耐久性が重要

Wheel Fanatyk
自転車は基本的に「移動手段」です。その中で絶対条件として必要なのが、その使用者の体重全てを支えることができる耐久性です。耐久性がないと移動手段としては成り立ちません。そういった点で考えると、木製の自転車はなんとなく不安を感じてしまいますね。が降った場合や傷がついてしまった場合、木が腐ってしまうことがあるはずです。果たして実際に木製で耐久性の高い自転車を製作することは可能なのでしょうか。

速度がでないと移動手段にはならない

なかなか面白みのある自転車です。見るからに複雑な構造で、ユニークな見た目が特徴的です。ただこのスピードでは実際に外を走るには物足りませんよね。性能的に速度がでなければ、乗り物としての魅力は感じることはできません。そんな中で、今の時代の木製自転車はどこまで進化しているのでしょうか。

木製自転車が競技に使用される日がくる⁉︎

佐野さんが製作した本格木製自転車

日本で製造されたとして話題になった木製自転車があります。この方の名前は佐野末四郎。佐野さんの家系は代々船大工で9代目まで。日本でトップレベルの木造船の製作技術を持つ方。そんな佐野さんが製作したものは、金属でできた自転車よりも早くなる可能性を持つという、本格的な木製の自転車です。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz