自転車のブレーキがうるさい!自分で調整する際の必需品は六角レンチだけ?

自転車のブレーキがうるさい!自分で調整する際の必需品は六角レンチだけ?


街中でよく聞く騒音というと皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?さまざまな騒音の原因を思い浮かべられたかと思いますが、今回はその中でも特に遭遇率が高い自転車のブレーキ音に関してまとめました。

自転車のブレーキが「鳴く」原因について

Noise
自転車の種類を問わず発生する、ブレーキの「鳴き」は何故発生するのでしょうか。主な原因として有名なのは、「ブレーキの片効き」と、もうひとつは「ブレーキシューがトーインになっていない」という事です。もちろん、これらの原因以外にもさまざまなことが考えられるのですが、今回は、この二つに絞ってまとめていきます。

音の原因になるブレーキの片効きって?

Brakes
通販で初めて自転車を買ったという人や、落車した後などによく見られます。簡単に説明してしまうとホイールのリムに対して、左右どちらかに偏って寄ってしまっている状態のことです。この状態は音が鳴りやすいというだけでなく、ブレーキシューの制動力も落ちてしまうため非常に危険です!

brakes
ロードバイクに使用されるキャリパーブレーキの場合は特にズレやすいですが、決して無理矢理直そうとしてはいけません。必ず固定ボルトを緩めてから中心を合わせてください。クロスバイクで使用されるVブレーキの場合は調整ボルトでの調整がキャリパーブレーキ以上にシビアな為、慣れるまではお店で確認してもらうのが良いでしょう。

ブレーキシューのトーインって何?

Ridley Damocles Feather Brake Caliper
トーインというのは、リムを上から見た時に進行方向に対して「ハ」の字に閉じている事を指します。ではなぜ、進行方向に対してハの字にブレーキシューを調整する必要があるのか、気になりませんか?

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年6月19日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz