雨の日の自転車で滑るポイント4選!白線以上に恐ろしい場所はあの黄色い◯…?

雨の日の自転車で滑るポイント4選!白線以上に恐ろしい場所はあの黄色い◯…?


自転車はの日には乗らないものという共通認識が浸透していますが、皆さんは雨の日に自転車に乗ったことはありますか?雨でも平気という猛者もいれば、ちょっとくらいなら平気と考え、結果的に雨に降られてしまった方もいらっしゃると思います。そもそもなぜ雨の日に自転車に乗らない方がいいのでしょうか。それはずばり「危険」だからです。今回は自転車で走行するときに絶対に避けたい滑りやすいポイントをご紹介していきます。

雨の日の自転車

wet bars du

雨の日は自転車に乗らないのが無難ですよね。多くの方がそのように考えているのではないでしょうか。毎日自転車に乗るような習慣があれば、たまには別な移動手段があってもいいと思います。しかし、どうしても乗らなきゃいけない事情がある時、どのようなことに注意しなければいけないのでしょうか。

雨をなめたら危険

Rain

雨が降ると自転車での移動は非常に危険なものになります。特に気をつけたいのは、普段何気なく走る道が滑りやすくなっているということ。スピードが乗っている状態でスリップして転倒することを考えるとゾッとしますね。実際に多くの方が雨の日に自転車で転んで怪我をしています。車通りが多い場所で転んでしまったら、ひとたまりもありません。雨に乗らない人でも乗る人でも必ず滑りやすくなる場所は必ず把握しておきましょう。

危険スポット

白線

The 27th of July, 2009

まず最初に登場するのは、白線です。自転車で車道を走るときに、白線の上を走るとあまりにも滑らかで、ずっと白線の上を走っていたくなりますよね。しかし白線の上を走る行為自体は非常に危険なので、必ず白線の外側を走りましょう。

intersection
とはいえ、路肩に車が停止していたりすると、一時的に白線の上を走ることになります。その時は要注意です。何もなくてあれだけ滑らかな白線は、雨に濡れると危険なポイントに変わります。可能な限り避けて走りましょう。後方確認する時は特に注意してくださいね。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年6月13日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

23 コメント - "雨の日の自転車で滑るポイント4選!白線以上に恐ろしい場所はあの黄色い◯…?"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
Tatsuya Murai(Facebookページより)
Tatsuya Murai(Facebookページより)

最近のマンホールはアスファルトと同じμに仕上げていると聞きました
(^_^)b

木村 じゅういち(Facebookページより)
木村 じゅういち(Facebookページより)

と言うか、タイヤ交換した方が何かと無難ですね。
たいてい、自損事故するときは摩擦でタイヤの溝ががぺったんこになってます。

斎藤隆文(Facebookページより)
斎藤隆文(Facebookページより)

点字ブロック、メチャ滑りますよ~、あと、ブレージングも滑ります、気を付けましょう。

岡本富司博(Facebookページより)
岡本富司博(Facebookページより)

雨の日はMTBにしましょう

Jiro Tanaka(Facebookページより)
Jiro Tanaka(Facebookページより)

歩道を走らなければ関係なくない?>点字ブロック

Rintaro Yasutomo(Facebookページより)
Rintaro Yasutomo(Facebookページより)

記事にないが石畳の歩道は要注意ね。
特にデパートの前や駅前に多い大理石調の歩道。
点字ブロック、白線、グレーチング、全部が混在しております。
そもそも、こういった場所は人通りが多いので押し歩き推薦でしょうけど。
歩いてても大理石調の歩道は滑るっちゅうねん!

Koji Minato(Facebookページより)
Koji Minato(Facebookページより)

点字ブロックは、無人であればともかく、雨の日に限らず注意して、徐行して下さいよ。自転車で駆け抜けるなんて危険きわまりない行為です。

Рио Танака(Facebookページより)
Рио Танака(Facebookページより)

点字ブロックで転ける人は蔑むだけよ。
歩道にしかない物踏んで転けるって事は「本来徐行しなければならない歩道を高速で走った」という事なんだから。
歩道は徐行、およそ5km/h=歩行者程度の速度だよ。

Keita Okada(Facebookページより)
Keita Okada(Facebookページより)

段差も注意です。余計にスリップします。

Kenichi Tanaka(Facebookページより)
Kenichi Tanaka(Facebookページより)

(^_^;)グレーチングと電車の線路が恐ろしい…。

楢本晋也(Facebookページより)
楢本晋也(Facebookページより)

設置したてのコンクリート製品 (L字側溝蓋など)。
滑るというか、滑走します。
死ぬかと思いました(T_T)

Akira  Yamada(Facebookページより)
Akira Yamada(Facebookページより)

排水溝の溝に、前輪がはまって前方宙返りしたロードバイクを見たことがあります(晴天時)。。。

Yusuke Okada(Facebookページより)
Yusuke Okada(Facebookページより)

点字ブロックある場所、つまり歩道をこけるほどのスピードで走る方が問題。徐行しなきゃだめでしょう。違反を当たり前として扱うような言論を広めるのはやっちゃいけない。

Hiroki Miyazaki(Facebookページより)
Hiroki Miyazaki(Facebookページより)

排水溝とマンホールは要注意。だからタイヤはSCHWALBE一択。滑らないし横方向にも強いし。

Ryou Matsuoka(Facebookページより)
Ryou Matsuoka(Facebookページより)

ちゃんと減速して通過すればなんの問題もないのにね。
むしろ白線の上は水はねが少なくて快適なのになぁ。

山内孝志(Facebookページより)
山内孝志(Facebookページより)

しまなみ海道も雨の日は行かない方が良い、あと緑や青の自転車道を示すラインも転倒しやすい。

Takahiro Nakanishi(Facebookページより)
Takahiro Nakanishi(Facebookページより)

最徐行してても滑るもんは滑るんですけどね。
停止しようとしてズルっとな(>_<)

Keiichiro Tsukiashi(Facebookページより)
Keiichiro Tsukiashi(Facebookページより)

歩道を走る場合の話しや、白線の外側を走りましょう…となっているが、道交法上、正しくは自転車も自動車と同じく白線の内側です。歩道は自転車通行可能の表示、標識等の指定のある一部の歩道のみ通行可能(ただし子供、高齢者等や、車道に特別な通行困難な事情がある場合も歩道通行可能)。ただし徐行義務がある。徐行の目安は国会答弁により時速5-6km/h。常にこのスピードを超えずに通行しなければならない。お巡りさんでも守ってない人もありますが…。知らないのでしょう。歩く人を追い抜くようなスピードでは道交法違反です。つまり押し歩きしても同じ。そうしたくなければ車道の白線の内側(右側)、第一通行帯をちゃんと走らなくてはならない。いいね!もシェアもしません。情報収集、裏を取らずに(道交法を調べずに)思いつきで書いている記事でしょう。しかもこれCMページです。悪質な知識をひろめてはなりません。知らなかったでは済まされないのが法律です。

Tadashi  Fukunari(Facebookページより)
Tadashi Fukunari(Facebookページより)

点字ブロックは車道には設置されていないはず。なぜそんなところを通るのか謎。

安田明人(Facebookページより)
安田明人(Facebookページより)

雨の日に自転車使うと傷みやすくなるので乗りません。駐輪も部屋の中です。

Takeshi  Watanabe(Facebookページより)
Takeshi Watanabe(Facebookページより)

溝の蓋90°間違えて閉められてる(´・ω・`)

柴田雪雄(Facebookページより)
柴田雪雄(Facebookページより)

雨の日は乗らない。

Iaso Iida(Facebookページより)
Iaso Iida(Facebookページより)

グレーチングは良く滑る❗

wpDiscuz