【実録】無敵の走行法を身につけろ!信号に引っかからない極意

【実録】無敵の走行法を身につけろ!信号に引っかからない極意


皆さんは、こんな噂を聞いたことがありますでしょうか?どうやら自転車の通勤や通学で信号に一度も引っかからずに走行することができる方法があるというのです。そんなことあり得るのでしょうか?偶然ラッキーなだけで、勘違いしているという可能性もあるのではないでしょうか?本当か否か定かではありませんが、その真実に迫ってみたいと思います。

信号無視はダメ!信号は引っかからずに渡りたい。

PUFFIN CROSSING IN BELFAST [ A NEW TYPE OF PEDESTRIAN CROSSING]-129113

当然ですが、信号は引っかからずに渡りたいですよね。自転車はスピードが上がると気分も上がり、信号で一度完全に停止することに対しては、少なからずストレスを感じてしまうことがあります。しかし、そんなことばかり考えていてはいけません。自転車大国日本では、自転車のマナーの悪さが社会問題となっています。道路交通法が改正されたことはまだ最近のように感じますが、それでも自転車の事故のニュースは後を絶ちません。信号無視も街中でよく見かけますが、全員で危機意識を持つ必要がありますね。しかし、そんな信号に引っかかりたくないという悩みにも、解決策が存在するという噂が?

ありえない!青信号に絶対引っかからない方法?

驚きの事実ですが、実際に、信号に引っかからない方法は存在しているようです。信号に引っかからない方法を身につけてしまったら、どれだけ清々しい気持ちになれるのでしょうか。実際にそのようなスキルを持つ方に話を聞くと、信号に辿り着く直前に青信号に変わる瞬間を見るのが快感とのこと。また、してやったりというような、ちょっとした優越感を感じることができるようです。もちろん無茶なスピードを出すわけではなく、シティサイクルで、のんびり走行することで“青にしかならない”その信号を毎朝迎えているようです。

実際のルートはこちら

この地図に掲載されている道は、通勤時に使用するルートですが、実は、毎朝07:01に家を出ると、地図の中心にある戸塚支所の信号に必ず引っかからずに渡れるとのこと。実際に青信号に引っかからない方法は、「時間」がキーワードになるようです。考えてみれば当たり前ですが、自転車に合わせて信号が青に変わるわけがありません。実際にどのようなルートで、どれくらいの速さで、走行するか!時間と速度を計算し分析を重ねに重ね辿り着いた答えが、この信号に引っかからない方法でした。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年6月10日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

2 コメント - "【実録】無敵の走行法を身につけろ!信号に引っかからない極意"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
田口 ゆう子(Facebookページより)
田口 ゆう子(Facebookページより)

この答えが『自分で調べろ』だったことに驚き(@_@)

Isao Shimadsu(Facebookページより)
Isao Shimadsu(Facebookページより)

完全時差式でないのもふえてるからねぇ。

wpDiscuz